FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

瑞泉寺

DSC01893_20181204184106528.jpg

鎌倉アルプスの最高峰「大平山」から瑞泉寺までの道は、光に満ち溢れていた。
ひかりのたまがコロコロと、葉の上や枝先を転がっていく。
10分ほど細道を下ると、左前方から強い氣が渦巻いているのを感じた。
看板も標識も無い。でもだからこそ、こんなところに秘密は隠されている。
日本各地に散らばる本物の聖地とは、実は奥ゆかしく隠されている場合が多い。
僅かに残る獣道を辿ると、大きな一枚岩が。
「磐座」
日本だけでなく、世界中に今も残る磐座信仰。
DSC01933_20181204184105fc3.jpg

「人間はどうして、巨木、巨石の下で祈りを捧げるのか?」
神の御神託を受けるため、自身の内なる神と出会うため、それともこの世とあの世の境を行き来するため。きっと、そのすべてが正しいのだと思う。
正方形の祠へ入ると、地蔵のような小さな仏塔が祀られていた。
DSC01932.jpg

しんしんとした静謐な氣が渦巻き、ラジオの周波数のようにそこに自身の氣を合わせれば、その時代、誰が、どんな風に祈っていたのかが、イメージとして飛び込んでくる。
世界って面白い。すべてはエネルギーで作られ、今見ている現実も実は幻。見たいものだけを見て、感じたいものだけを感じる世界。
「嫌なことが日々起こる」という方もいらっしゃるだろうが、それはそこに氣を発しているから。「借金したい」と「借金したくない」は、全く同質の氣なのだ。だからこそ、最終的には「借金」というものが与えられる。
瑞泉寺は、由緒正しき寺だった。
DSC01973.jpg

鎌倉時代に大きな庇護を受けた寺は、参道の苔むす階段から、高貴さと色気が漂った。
DSC01956_20181204184104313.jpg

境内は老梅の古木が生い茂り、地元の方なのか、丁寧に祈られているおばあさまの姿。
DSC01985.jpg

神社も寺院も、世界中みな同じ。自分の夢や願いを言上げ(ことあげ)する地ではなく、貴社の益々のご発展を祈らせてもらう場所。もしくはいつも見守って下さる神様や仏陀の幸せを祈らせてもらう場だと信じている。
瑞泉寺の最も奥には巨大な祠があり、そこで僧たちの修業した跡が見てとれた。
DSC01988_20181204184121973.jpg

瞑想、禅、ヨーガ、祈祷、太極拳。入口となる扉は多種多様だが、行きつく先はひとつ。それは穏やかな心で、自然に自身の存在が溶け合う世界。それを実感した人、その道を極めた人たちが気付く真意。それは、世の中はとてもシンプルに作られていて、灯台下暗しだったということ。
だって「ありがとう」と心の底から感謝をすれば、皆、誰でも一瞬でその世界へ入っていけるのだから。
境内で、真紅に染まるもみじを見上げる。その瞬間、僕はもみじになり、もみじは僕になる。
ノムラテツヤ拝
DSC02014.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |