FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ピンクレイク

DSC01024_2018121017125595b.jpg

何度も同じ場所に通い続ける。
季節を変え、別の時間に、機材を投入して。
すると、大自然がほほ笑む瞬間がある。それを冷静に丁寧に撮影するのがプロの写真家の仕事だと思う。
以前にプロとアマチュアの決定的な違いを書いた。それは、しかるべき最高の時間に、現場に立ち続けるのがプロだと。
詳しく場所は書けないが、アルゼンチンの海岸線で、圧倒的な美を誇る塩湖を見つけた。
DSC00891.jpg

そこには微細藻類「スピルリナ」と海水エビの「アルテミア」がいる。彼らのカンタキサンチンやβカロチンの赤い色素がピンク・レイクを作っているのだ。
GPSを利用して、現在の正確な場所を記録する。今度アルゼンチンに出かけたら、必ずあの湖を訪れてみよう。
DSC00918_2018121017125694e.jpg

世界はまさしく宝の地図だ。掘れば掘るほど、新たな美が見つかり、それらに際限はない。不自由な体という乗り物で、自身を動かし、現場へ立つ。それがどれほど尊いことで、愛おしいことで、面白いことなのか。きっと、あの世の人たちが、羨ましくて、懐かしくて、夢の場所にする地。それが、この銀河系に浮かぶ母なる惑星・地球号なのだと思う。
さぁ、地球を死ぬまで遊び切ろう!
             ノムラテツヤ拝
DSC00920_201812101712556f4.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アルゼンチン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |