FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

芸術の力

DSC04576.jpg

絵画には、それぞれ氣が残っている。
筆使い、色の重ね方、ぼかしなど当時の画家が苦心して何度も描き直した証が、絵にこもる。例えばその絵が+20という氣を出しているとしよう。まず全身でそれらを浴び、自分の発する氣をそれらに近づけていく。±10くらいまでの誤差なら簡単に合わせられるが、一流の絵画は完璧に合わせないと意味がない。+18、+19、+20、同調した瞬間、時空は消失し、僕はフェルメールの時代に飛ぶ。彼の息遣い、思考、想いがこちらに流れ込んでくる。つまり絵画とは、言い換えれば時空を行き来する「タイムマシーン」なのだ。
同じ画家でも、絵によって出ている氣が違うが、フェルメールは、どの作品も一貫して似通っていた。抑制を効かせ、静謐にすることで、時空が消えることを、まるで知っていたかのように。
上野の森美術館開催の「フェルメール展」、それらの何が凄いのか? それはフェルメールが生涯残した35点の内、8点(大阪は9点)が集結し、それらが一部屋にすべて飾られていることに尽きる。フェルメールがモデル用に幾度も使用した、オコジョの毛皮付きの金色ガウン、それらが隣同士に並べられ、牛乳を注ぐ女に使われたアクアマリンの蒼色も、振り向けば他の青色と比較できる。
DSC06152_20181215204444240.jpg

それが図録ではなく、自分の目で比較できる幸せは、この上ない僥倖なのだと思う。そして奥の部屋から左へ左へと飾られる絵は、時代順ではなく、色のグラデーションで並べられていた。
2度目のフェルメール展で一番やってみたかったこと、それがコの字型の部屋の中心に立ち、8点すべてを俯瞰して見たかった。
深呼吸して、そのスポットへ入る。すると驚くべき反応が体に起こった。
1点、1点の絵画を測ると、ほぼすべてが±0なのだ。フェルメールは「光の魔術師」と呼ばれるが、ジッと見つめていると、絵の中で光の粒が降り始める。最初はそれがカメラ・オブスクラを使った「点描法」によってもたらされると思っていたが、違う。これは完璧な技術とバランスによって意図的に作られていたのだ。
黄金比、遠近法の消失点、色相比、明暗比、メタファーの圧倒的なバランス、そして何より日常の些細な心の変化をモチーフにすることで、万人に自身の人生を回顧させる普遍的な力を与えていた。
そういえば、パリのルーブル博物館で見たダビンチのモナリザも、モネの睡蓮も、オランダ・バーグで見たターバンの女(フェルメール)も、光の雨が降っていた。
DSC06028_201812152044454be.jpg

それは、すべてのバランスが、重心1点で完璧に均衡が取れている作品に共通する現象なのだ。
東京では2月まで、大阪では3月から。世界屈指の宝が、日本に集まっている。光の雨を感じに、是非、美術館へ出かけて欲しい。生けとし生きる者すべては、同じ場所へ向かっているのだから。
人間は、元の氣「元氣」へ。
芸術は、完璧なバランス「±0の氣」へ。
地球は、いやしろ地「ゼロ地場」へ。
そして宇宙は、光と闇の「接着点」へと向かっていく。
  ノムラテツヤ拝
DSC04580_2018121520444307f.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

上野の森

DSC04496.jpg

絵とは氣を一つひとつ積み重ねたもの。
氣という文字を「気持ち」や「魂」に置き換えても良い。
それらが調和した時、完璧なシンフォニーを奏でた時、絵画は芸術として後世に残っていく。
「芸術など無くても生きていける」という人もいるだろう。衣食住が満たされ、ある程度平和な世界が続かないと、芸術は花開かない。でも、と思う。完璧な調和した絵を全身で感じると、その波長が自身を包みこむ。すると体の滞っている部分が浮かび、次の瞬間、流れ始めるのだ。
人間を含めた生物の中には、周りに喜んでもらいたい、役に立ちたいという気持ちがDNAに組み込まれている。画家は絵を描くことで、それらを表現しているのだ。
DSC04506.jpg

名作と呼ばれる絵画は、どの時代も朽ちることなく連綿と受け継がれてきた世界の宝。それらを一目見るだけで、全身に氣が充満する。一流の絵画とは、いわば最良の薬なのだと思う。
DSC04536_20181215204240f7f.jpg

これから2度目のフェルメール展を見に行く。上野の森美術館も秋が深まってきた。
            ノムラテツヤ拝
DSC04542.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |