FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

神の岩

DSC07703_20190127174942201.jpg

ネイティブインディアンが人類発祥の地と崇めた場所、それがボイントン・キャニオン。
ここに、巨石の神が鎮座すると言われて出かけた。駐車場に車を止めると、キランキランの太陽が出迎えてくれる。森へ続く山道を登っていくと、雪を抱いた木々の向こうから、大きな鷲が弧を描いて飛んでいく。途中でミッキーマウス型のサボテンを撮影しながら登ると、突然視界が開けた。
DSC07571_20190127174944a84.jpg

カチーナ・ロック。
DSC07584.jpg

カチーナとは、ネイティブインディアンの言葉で神を意味する。足元は徐々に赤い岩が覆い始め、神の岩へ最後の急斜面を駆け上がった。
噂通り、ひと際大きな氣が巻いている。僕は簡単に挨拶をすませて、両手で岩を触らせてもらった。体にズンとした衝撃が走り、岩の中にズブズブと手が引き込まれていく。怖いという感じではなく、あまりに優しく細やかな岩の愛に、僕は溶けそうになった。
何かに傷ついて、思い悩んでここにやって来た人は、この神の岩で圧倒的な安心感を与えられることだろう。そして毎年セドナへ詣でる人も出てくるのだろう。古代から現代まで人々が崇める理由が、よく分かった。では、この竜のように巻いている氣の正体は一体なんだろう?
周辺を歩いてみると、面白い大地の作りになっていた。カチーナから30m離れたところに、もうひとつ大きな赤岩がある。現地ではウォーリアー(戦士)と呼ばれているが、カチーナとは逆巻きでエネルギーが巡っている。
右回りと左回り、その2つの氣がぶつかる位置こそが、カチーナからウォーリアー方面へ20mほど行った地点。ここに立つと、自分の体が宙へ持ち上がるような感覚を受ける。もし、現地のヒーラーが、悩んだ人たちをこの場所に立たせ、何か呟いたとしたら、その人は完全にこの地に惹きつけられるだろう。
アセンション、次元が変わる、もうすぐ世界が終わる。スピリチュアル(精神系)で使われるこの言葉は、古今東西で言われてきた。それらが間違っているとは決して言わない。現に「氣」は量子力学で物理的に説明できるところまで来ているのだから。
でも、いつの時代も、大切なものは同じなのだと思う。自分の体と心の平穏、それを作ってくれる周りの人たち。だからこそ、ご機嫌を自身でとって周りの幸せを想い、幸福な周りから平穏な自分が作られていく。
            ノムラテツヤ拝
DSC07654_201901271749434ff.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アメリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |