FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ホタル隊

DSC08826.jpg

「ホタル隊」と名付けられた今回の旅は、最初から勝負している。
情報源から聞いているのは、アルゼンチンのパンパ地帯に、ホタルの大発生が起こるということ。大体の場所は聞いているが、それらを最後に目撃されたのは今から6年前のこと。
でも、あまりにその情報が魅力的なのだ。
「100キロ続く蛍の道」
そんなものがこの世に存在するのか? あるわけ無いと切り捨てるのは簡単だ。でも、僕はこれと同じ経験を以前にしていた。南アフリカに100キロ以上の花道が存在する。それを信じて踏み込んだら、600キロもの花道が喜望峰まで続いていた。
どこにある? 車を飛ばしながら目的地へ向かう。アルゼンチンには今まで40回ほどは行き来しているが、生まれて初めて足を踏み入れる場所。
大きな夕陽が、パンパ地帯に沈もうとしている。車を止めて、参加者の皆で眺めた。
DSC08837.jpg

僕は、草むらに目をやる。もうフライング気味のホタルであれば、光り始める頃。いない、いない。どこにいる。雲は真紅に焼け、闇が少しずつ迫ってくる。
「ここじゃない、場所を変えましょう」
インスピレーションに導かれるように、僕たちは車を北へ向けた。
               ノムラテツヤ拝
TET07505.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アルゼンチン | コメント:0 | トラックバック:0 |

新たな旅へ

DSC06398_2019022815323731c.jpg

新たな旅が始まった。
今回の舞台は中部パタゴニア、まだ見ぬ聖地に足を踏み入れるのだ。
成田から飛び立った飛行機は、一路ニューヨークへ。最終着陸態勢になると、向かって左側にマンハッタンや自由の女神像が見えてきた。
DSC06380.jpg

数時間のトランジット後、宝石のような夜景を翼に映して南下。
TET07393.jpg

待ち時間も入れると日本からざっと40時間後、旅の玄関口、ブエノスアイレスへ到着した。
さぁ、最初から飛ばす。一気に走っていきますよ!
           ノムラテツヤ拝
TET07383.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アルゼンチン | コメント:0 | トラックバック:0 |

A会長

DSC06595_201902272219135ae.jpg

北海道から憧れの人が逢いに来てくれた。
「どうしても会いたい!」。そう想う人が現れた時、僕には一つの流儀がある。ありったけの心を込めて、周りの方々に「逢いたい、逢いたい」と伝え続けること。すると「2月27日の朝に千歳から羽田へ飛び、16時のフライトで帰ります。その間であれば」と、有難い言葉を頂いた。
「抗酸化溶液」という言葉を聞いたことがあるだろうか? ようは酸化を防ぐ液体で、皆が健康になるという代物だ。怪しい? 確かに怪しいけれど、何事も新しいものは、科学すら追随出来ないことを歴史が証明している。
その抗酸化溶液開発者のA会長と、どうしても直に話をしてみたかった。
物質の酸化を防ぎ、腐敗も雑菌の繁殖もさせない。さらに活性酸素を消去するため、体の衰えや老化を防ぐことも出来る万能の液体。それらが一体どのようにして作られたのかを知りたかった。
ホテルのレストランでA会長と対峙。そのお顔を見て、驚いた。肌がピッカピカのツッヤツヤ。見惚れながら、自己紹介をして、質問を繰り出した。
「抗酸化液の特許を取らないと伺いましたが、一子相伝で終わるということなのでしょうか?」
「特許が取れないんだよ」
「どうしてです?」
「今も少しずつ、作り方を変えているから」
「えっ、日々アップデートしているってことですか?」
「そういうこと」
「その配合や使用するものは、どのように決まるのでしょう?」
そこから、A会長の不思議な話が始まった。一級建築士として活躍中、現場に立つと、どうも体が優れない。体が弱いのかな?と思っていたが、やがてそれがアスベストなどの化学物質のせいだと分かった。時を同じくして、ある社長と逢うことで、神社仏閣の神主や、沖縄の神人(かみんちゅ)などと交流することに。ある時、テレビを見ていたら、気を失った。ふと気づくと、宇宙から蒼き地球を眺めている自分がいる。地球はどんどん遠のき、周りは漆黒の闇へ。その時、闇が割れて光が差し込んだ。その背後に誰かが見えた気がして、のけぞり、反転し、態勢を変えた。光の向こうには、巨大な慈母観音の姿が。目に見える宇宙の形とは、つまり慈母観音の姿だった。観音が、A会長に言う。
「今の地球は、我らの真意が捻じ曲げられている。私たちが人間を含めたすべての生命に望むこと、それは嬉々として生きること」
A会長が話を砕いて、分かりやすく説明してくれる。
「つまり、僕たちは悦び、楽しむために、神々によってこの世に使わされたということ。そして宇宙の形を見た人たちが、像を彫って手を合わせた。それが宗教に使われたんだ」
僕の魂は悦びに震えていた。半泣きしながら、質問を重ねた。
「それから、声が聴こえるようになったのですか?」
「2年間くらいは、その声が邪魔で仕方がなかったけれど(笑)」
A会長の人生に転機が訪れ、その声に従って作った液体が奇跡を起こした。それを使った人たちから体調の変化が起こり快調に。電磁波を取りのぞき、アレルギーを軽減、そして何よりも関わった人たちが前向きになっていった。
「環境問題でCO2がやり玉にあげられているけれど、あれはただの利権問題。本当に温暖化を無くしたかったら、そこにお金をかけるより、植林なんかをするよりも、腐敗する時の熱を取り除くこと。世界中で色々なものが腐敗し、それによって熱が出る。その熱自体を取り除くためには、腐らさなければ良い。例えば豆腐の横に、抗酸化液を含んだ紙を敷くことで、6ケ月は腐らない。それは科学的にも実証済み。腐らなければ、冷蔵庫はもっと冷えやすくなる。冷却度を「中」じゃなく「低」の設定にすれば、冷蔵庫の電気代が30%も浮くんだ。これをすべての家で実行すれば、世界は良い方へ変わっていけるんじゃないか?
A会長の話を聞いていて安心するのは、人間と地球の関係がブレないこと。よく環境問題の話になると、「私たちが地球を守るのです。地球が泣いています」と訴える人がいる。僕はそれを聞く度に、深い違和感を覚える。
世界126ケ国の自然に立ち、僕が感じたこと。それは「僕たちは地球によって生かされ、存分に愛され、立たせてもらっている」こと。僕たちが地球をコントロールしていることは何一つ無いのだ。あるとしたら、それは思い込みか錯覚なのだと思う。
もし地球がもうギリギリの状態で、ワンワンと泣いているのであれば・・・きっと人間だけをあっという間に抹殺する。それは地球にとっては朝飯前のこと。でも、それらがまだ実行されてないということは、地球にまだ余力があるということ。でも、だから空気を汚して良いというわけではなく、自分自身で地球に迷惑をかけない生き方を選択することが重要なのだと思う。
A会長の話は、「生かしてもらっている」というスタンスの話だから、スッと耳に入ってくるのかもしれない。
「嬉々として生きるために、皆が喜ぶ浄化の液体を創れ!」
脳に響いた言葉を胸に、A会長は今も一日21時間も働き続けているのだ。ドラえもんの四次元ポケットのように、カバンの中から魔法の品が沢山出てくる。ここでは詳しく書けないが、僕の口は常時開きっぱなしだった。朝10時半から15時半までみっちり5時間、A会長の話に聞き入った。
「悲観論はいつの時代もあるけれど、安心しなさい。人類は滅亡しないから。滅亡するなら、こんな液体が世に出てくるわけないだろ?」
A会長は、手を振り上げて、ANAのゲートへと消えていった。自分が知っていることなんて、宇宙の中の米粒くらいなもの。その枠を少しでも広げてみたい方は、4月7日(日)A会長が町田で講演されます。場所は町田駅2分の町田パリオ5Fで。問い合わせ先は、c.rairakku@gmail.com(服部さん)まで。
僕は残念ですが、その日はウユニ塩湖にいるので、講演の盛況と成功を南米より祈ります。
            ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

増補申請

DSC06473.jpg

あかーん。
3年で全ページがスタンプで埋まってしまった。年々早くなるこのペース。涙をのんで増補申請に出かけた。
今まで僕は4冊のパスポートを作ってきた。18歳の時は二十歳未満なので青だったが、それからはやっぱり「赤」だろと3冊全て10年パスポート。
世界には数多くのおもろい場所があり、そこにはスタンプがある。赤道には0度と書かれた分度器のスタンプが、
DSC06478.jpg

ガラパゴスにはゾウガメが、マチュピチュやモアイなんてのもある。
DSC06479_20190226170903846.jpg

最初はいい気になってバンバン押し、初めての増補では何だか誇らし気持ちになった。しかし時代も自身も変わるように、2冊目の増補時に初めて気づいた。
パスポートの1頁はお金なのだと。10年パスポートは44ページで申請料が1万6000円。つまり1ページあたり363円もするのだ。そこに無造作にスタンプを押していた自分の愚かさを恥じた。
3冊目を申請した時は、まず自動化ゲートを利用することで日本出入国スタンプが押されないと聞き、即申請。マチュピチュやイースター島には何度行こうとも、決してスタンプの誘惑には負けなかった。が、3年もたたぬうちに、44ページのほぼ全てにスタンプが押される始末。余白がないとアメリカ入国はもちろん、他国でも入国を拒否されるため、泣く泣く3度目の増補。40ページ増やしてもらって手数料は2500円。大切に使わないと。これが終わってしまうと、有効期間内であってもアウト。4度めの新規申請が待っているのだ。
DSC06476.jpg

そして、とんでもないニュースが。2020年から発行される新パスポートは偽造防止のため、増補は禁止の方向で話が進んでいるという。もう、これだけ電子化しているんだから、スタンプ制度をそろそろ廃止にしませんか?
カードサイズの、パスポートを心から望みます。または最近流行りの体内埋め込み型マイクロチップに、パスポート機能を追加しませんか?
             ノムラテツヤ拝
DSC06481_20190226170902cbc.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

日本酒の宝石箱

DSC06505.jpg

昨日からの続きで、今日はGEM by motoさんのことを書こうかな。
店主の千葉麻里絵さんことマリリンは、日本酒のスペシャリスト。一口飲んだだけで、どのような成分が入っているのかが分かる絶対味覚の持ち主だ。
「まずはイメージで」と出されたのは、遣都にはウィスキーの樽につけた日本酒を、僕には風の森だった。
「奈良の銘酒ですね」
「ふふふ、遣都くんの言われる通り、詳しいですね」
「詳しいというよりも、ただ、ただ好きなんですよ」
一口飲むと、冷え切った液体から、酸味がぼんわりと広がった。んっ、違う。何故だ? 僕は今まで飲んだお酒の味は、イメージで置き換えているのでほぼ覚えているけれど、この風の森は、僕の飲んだ味と違う・・・。
「風の森って、こんなに酸味がありましたっけ?」
「これ、-5度で氷温冷蔵してるものなんです。だから甘みが無くなり」
「酸味がでる」
「そうなんです」
-5度で冷蔵している、これでこの店の凄さが分かる。もうすぐで凍るという手前まで冷やすことで、酵母の動きを止め、ゆっくり熟成させていくのだ。
愛知の銘酒義侠の山田社長から以前に教えてもらった方法を、酒蔵ではなくお店でやっているなんて。ハイコスト・ローリターンにならないのかしら?
お通しは真ハタのお刺身から。
DSC06509.jpg

角がピンと立ち、店名(GEM)にもなっている宝石のような輝きが、内側から発光しているよう。味はもちろん深みがあり、オリーブオイルと塩が三位一体のマリアージュを奏でる。
次はこれで。
DSC06511_2019022517085724f.jpg

初めてみるラベルに、不思議そうな顔をしていたのだろう。マリリンはすかさず、「これ、うちの店と仙禽さんのコラボなんです」。
仙禽とは栃木の酒蔵の名。
「いくつくらいとコラボされてるんですか?」
「え~と、10蔵くらいですかね?」
「コラボするには最低どれくらい仕入れないといけないんですか?」
「それぞれですが、3000本くらいです」
脳内に、バシバシと電流が流れるような衝撃だった。僕は南アフリカのとあるワイナリーを購入し、オーナーになろうと思っている。でも、莫大なお金がいるので、それらを工面するのに奔走しているが、自分の好きなワイナリーに足を運び、そことコラボで作れたら、なんて楽しいのだろう。世界中の愛すべきワイナリー20蔵に絞って、それらで勝負する。単純計算で20蔵×3000本だから、年に6万本。さばき切れなくはないな。そんなことを想い胸を躍らせていると、苺と春菊の白和えが出てきた。
DSC06513.jpg

苺??? でも白和えと混ざると、苺の酸味が消え、それらがまあるい深みとなっていく。さすが「絶対味覚」と心がグイっと動かされた。
そして、ブルーチーズハムカツ。
DSC06516_201902251708561a3.jpg

ブルーチーズもハムカツも大好物の僕は、唾を飲み込んだ。「それにこれを合わせて下さい」。赤トンボ柄の瓶から注がれたのは、ドロドロのどぶろくだった。
DSC06520_20190225170924b42.jpg

「げっ、僕、岐阜出身なので、昔から美味しいどぶろくをたらふく飲んでいて。中でも特区の飛騨にどぶろくの神のような方がいて、そのどぶろくの味が忘れられないんです。でも亡くなってしまったんですけれど」
「そうなんですね。私もコレが今まで飲んだ一番のどぶろくなので、軽く野村さんの味を越えていきますよ」
ふふふ、こういう女性、好きですよ。
一口飲んでみると、コメのふくよかな甘みと酸味が絡まり・・・。
DSC06523_2019022517092309b.jpg

「どうしました?」
「いや、もう一口」
やっぱり、ふくよかな甘みと酸味の後に、今まで感じたことのない苦みに包まれる。
「この苦みは一体なんですか?」
「えっ、凄い。野村さんで2人目です。この苦みに気付かれたのは。実はこれ特別なお米で作っているのですが、米麹に含まれる苦みなんです」
「飛騨のどぶろくとどちらがと言えば、悔しいですが、こちらですね。苦みもあるし、まだこの世に生きているわけですものね」
しっかりとこの生産者の情報を教えてもらい、今度行こうと決めた。
「ハムカツの後にこのどぶろくを呑んでもらえますか?」
勿体ない・・・。でもとハムカツの後に流し込むと、なんと口内はホワイトシチューになった。どういうことだ?
「日本酒の味は、香りが8割、味が2割なんです」
初めて聞く概念だった。香りが8割? でもだからこそどぶろくがシチューに変わるのが容易に想像できた。
次はイチジクガッコチーズ。
DSC06526_20190225170923cb2.jpg

イチジクの甘みとクリームチーズ、そしていぶりがっこ(沢庵)のコリンコリンの触感に笑ってしまった。なんだこの犯罪的なウマさは。
鯖味噌も気品のある味付けで、
DSC06531.jpg

カモと揚げ菜の花の黄身酢味噌ソースは、ぬる燗にすこぶる合った。
DSC06534.jpg

そしてこの夜、僕が一番感動した逸品が目の前に。
「アボカドの白味噌酒粕漬け」。
DSC06542.jpg

アボカドのクリーミーなねっとり感と漬物の味が融合して、頭が痛くなる。快楽物質のエンドルフィンが出まくっている証拠だ。
これで終わってくれないのが、マリリン。更にオカラとサバ、エシャロットと天かすで巻いたサバ巻き。
DSC06546.jpg

これに樽色の付いた琥珀色の日本酒にコショウが舞っている。
DSC06550_20190225171131552.jpg

「日本酒とコショウを合わせると、あるものになるんです」
「レモンティー」
「そうなんです」
まるで魔法だった。ラストは、好みを見透かされているように、ラム肉で〆。
DSC06565.jpg

お会計を済ませ、外へ出ようとすると、マリリンが「遣都くん、書いてよ」と黒ペンを渡す。恥ずかしそうにしながらも、白い壁にサインを描き始めた。
「何か、コメントも」
サインの下に記された言葉。それが「日本酒を学びます。」だった。遣都の故郷・滋賀にも、萩の露を筆頭に美味しいお酒が沢山あるものね。ひとつひとつ、共に勉強を積み重ねていこうぜ。
GEM by moto(日本酒の宝石)。店名に負けしない圧倒的な迫力に満ちていた。マリリン、また遊びに行きますね~!
ノムラテツヤ拝
DSC06591.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>