FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

建仁寺

DSC09266.jpg

京都に気になる場所があった。駅からほど近い建仁寺。
祇園の石畳の道を歩くと、立派な門が見えてくる。この本堂にどうしてもこの目で見たい絵があった。それが畳108枚分の描かれた双竜。2002年に鎌倉在住の日本画家、小泉淳作氏
によって作成され、縦11.4m、横15.7mのド迫力。龍は水を司る神様でもあるため、建物を火災から守る役目も果たし、天井で絡み合う躍動的な構図は圧巻。
DSC09277.jpg

阿吽のように見える龍の瞳は、愛しくて好感が持てた。
他の屏風絵にも龍が描かれ、それらがプロジェクションマッピングで空を飛んでいるように見せるあたりは、古今融合。
DSC09318.jpg

入口には、俵屋宗達の作品「風神雷神図屏風」。京都の奥深い歴史と美に、僕は静かにため息をつくしかなかった。
ノムラテツヤ拝
DSC09301_20190328163126fbf.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |