FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

サンドスピット

IMG_0171.jpg

僕が22歳の時、写真の師である星野道夫は43歳の若さで旅立った。
余りにも影響を受けていたため、自分の体の半分くらいがポッカリと無くなった感触を、今でもはっきりと覚えている。
あの時から決めていた約束の旅。星野さんの年齢を、もし自分が越えることが出来たなら、必ず行こう!
ひと昔前は、クイーンシャーロット島。今はハイダ族がすむ地を意味する「ハイダグアイ」へ。
IMG_0211.jpg

星野さんが、森に佇み、朽ちゆくトーテムポールを日本に初めて紹介した時、全身が震えるほどの感動を覚えた。44歳になった今、ようやくその瞬間(とき)を掴むのだ。
カナダのバンクーバーから、サンドスピットへ飛ぶと、分厚い雲の下に、島影が見えてきた。
IMG_0202.jpg

恋焦がれ、憧れた人に会いに行くように、僕はこの地を魂で希求していた。奥深い森で最初に出迎えてくれた生き物、それはシロフクロウだった。
          ノムラテツヤ拝
DSC02029.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

カナダ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |