FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

シアトル空港

IMG_2888.jpg

成田からシアトルまではANA、そこからフェアバンクスまではアラスカ航空の接続だった。
最初、航空券を発券した時は、乗り換え時間が4時間半程あったが、出発の2週間前、突如、アラスカ航空から、「使用便欠航のため、振り替える」と連絡が入った。新しい便の乗り継ぎ時間は1時間30分。シアトル空港の巨大さを考えると、ギリギリの間隔だった。
祈るような気持ちで成田空港を出発し、定刻通りシアトルに到着。皆で急いで入国審査場へ行くと、そこには、目も当てられないほどの長蛇の列が。このままでは駄目だと思い、周りの職員と話し合うが、「時間が厳しくなったら、飛行機会社の職員が迎えにくる」の一点張り。何度もそれらに裏切られたことを伝えても、「これは決まりだから」と前には行かせてくれなかった。
時間はどんどん過ぎていく。30分程列に並んだところで、気持ちを切り替えた。皆には話さなかったけれど、完全にタイムリミットが過ぎていた。
こんな時、大切なのは焦らない、怒らない、当たらない。それらをすればするほど、目の前のことがどんどん複雑化してしまう。今、出来ることは、現状から最悪の場合を想定すること。遅れた場合のフライトの時間を調べ、頼んであるバス会社に連絡し、夕食のレストランをキャンセル、そして宿へ到着が遅れる旨を連絡すること。頭の中でシュミレーションがすべて終われば、もう心がどこかにブレることは無い。
最終的に1時間20分ほど待って、ようやく入国審査。ターンテーブルで荷物を受け取り、アラスカ航空のカウンターへ向かった。
「あまりの入国審査場の混みようで、乗り遅れました。大人数ですが振り替えて頂けますか?」
「これ、全員?」
「はい、何度も職員に掛け合ったのですが、一向に取り合ってくれなくて」
「う~ん、次の便の空きは3名しかないわ」
「その次は?」
「それなら、全員乗れるわ」
「到着時間は?」
「夜の11時過ぎね」
コケそうになったが、仕方ない。ここで騒いでも、何も変わらないことは、今までの経験で分かっている。あとは粛々とアラスカの会社、レストラン、宿へ連絡し、余分にかかるお金の計算をしてもらい、すべて話が付いたのは、それから3時間後。
「どうせ、シアトルに留まるなら、みんなで呑みましょう!」と、四方山話に花を咲かせ、午後8時過ぎに搭乗。夜中のアラスカ・フェアバンクス空港は、まるで白い恋人の世界だった。
パッキーンと張り詰めた空気感、一瞬で凍る鼻毛。これは軽く-20度を超えているな。もう少しで宿というところで、一台のトラックがスリップして側道に落ち、レッカー車で引き上げられていた。
IMG_2889.jpg

10分くらい道が開くのを待っている間、可愛い毛糸の靴を履いた警察犬を皆で見せてもらい、イケメンポリスの話に大いに笑った。
IMG_2895.jpg

「人生とは、何かを計画しているときに起きてしまう、別の出来事のこと」
師の星野道夫が敬愛した、シリア・ハンターの言葉が、脳裏に浮かんだ。
それは、言い換えれば「何が起ころうとも、目の前にある『今』を楽しむこと」に尽きる。
レッカー車が無事にトラックを引き上げ、僕らは山頂にある愛すべき宿へ。
「皆さん、お疲れ様」
車内は拍手で覆われ、外に出た。
「えっ」
北の空に、オーロラが姿を現わした。
               ノムラテツヤ拝
DSC04404_2020012717255178e.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アラスカ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |