FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

コロナウィルス

TEN01470.jpg

コロナウィルス。
日本を含め世界に拡散する中で、僕は一体何ができるかな?
他人の咳を気にすることなく、何処へでも行けて、誰とでも話せる。そんな幸せな世界を、心から想像して、感謝して、手を合わせる。
どうか、心配したり、他国を非難したりしないでください。
ウィルスを終息させることももちろん大切ですが、それ以上に尊いのは、自身がご機嫌様で、免疫力が上がっている状態を作ること。とっても元気なら、コロナウィルスは発病しないのですから。だから、僕と一緒にどうか祈ってくれませんか? 今まであった、奇跡のような幸せな日々が、戻ることを。
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サマルカンド

DSC02545_20200222083321e8b.jpg

ウズベキスタンの至宝、蒼の都「サマルカンド」へ。
世界で最も好きな色が、蒼の僕としては、昔から憧れ続けた地だった。
夕方に到着し、宿から歩いてレギスタン広場へ。夕闇にライトアップされたモスクや神学校、その調和のとれた美しさに目を瞠らずにはいられなかった。
なんという空間の美。世界一級品の建造物とは、その空間の使い方、間の取り方にあると思う。そのお手本とも言うべき、圧倒的建造物が、レギスタン広場だった。
DSC02616.jpg

許可を取って一人で入らせてもらい、様々な角度から眺める。こんな素敵な空間にいると、泉のようにインスピレーションが降りてくるから不思議だ。さぁ、明日から蒼の旅へ出かけよう。
         ノムラテツヤ拝
DSC02555.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

中央アジア | コメント:0 | トラックバック:0 |

モスクの美

RXT03708.jpg

中央アジアで一番大きなモスクが、ここヌスルスタンにある。イスラム建築が、世界で最も美しい建造物と思っているので、早速出かけた。
今日も雪が結晶状で舞い落ち、腕には星型のダイアモンドダストが降り積もる。巨大なHazret Sultan Mosqueを見上げながら、モスク内へ入らせてもらう。パルテノン神殿のような巨大な列柱と、円を基調とした美しき紋様の組み合わせに、ウットリ。
IMG_2505.jpg

外へ出ると、はたまた巨大なピラミッドが、その脇にはまるで火口を模したアイスリンクが併設され、地元民が優雅にスケートを楽しんでいた。
RXT03743.jpg

百聞は一見に如かず。カザフスタンは空前の好景気に湧いていた。
            ノムラテツヤ拝
RXT03744.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

中央アジア | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヌルスルタン

DSC02435_202002201709200c4.jpg

雪が結晶状で落下する町、カザフスタンの首都・ヌルスルタンへ。
IMG_2548.jpg

オイルマネーと天然ガスよって、急激に栄えた首都は、建造物にも力が入っていた。世界有数の建築家たちの競演が、街のあちことにしかけられていた。
DSC02447_202002201709192f8.jpg

中央アジアの概念をぶち壊すには十分、モール内へ入ると更に煌びやかな世界が拡がっていた。
          ノムラテツヤ拝
IMG_2558.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

中央アジア | コメント:0 | トラックバック:0 |

麺の起源

IMG_2456.jpg

麺の起源は、何処にあるかご存知だろうか?
そう、ウズベキスタンを中心とした中央アジアこそが、小麦粉を練って作る麺の故郷である。ここから東に流れたものが中国で拉麺(ラーメン)となり、西へ流れたものがイタリアでパスタとなった。
IMG_2458.jpg

勢いのあるタシケントのドーム型の市場でも、見たことの無い「麺」が山のように積まれて売られていた。
RXT03632.jpg

皆、目をギラギラさせて、それらを物色する。この国の食にかける思い、楽しみが容易に理解できた。
IMG_2463.jpg

香辛料も完璧。さて、ウズベキスタン料理を楽しむとしますか。
           ノムラテツヤ拝
RXT03648.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

中央アジア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>