FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

五号神殿

TEN05137.jpg

ティカル遺跡で最も好きな場所、それが五号神殿だ。
横から見ると、60度くらいの斜度でせり上がった階段。ひと昔前はこの急坂を登り、てっぺんまで行くことが出来たが、現在は登頂禁止になっていた。紺碧の空に、ダイヤモンドのような太陽が輝き、気持ちは最高潮。ここがマヤ文明の中心地だった時代に、想いを馳せた。
             ノムラテツヤ拝
TEN05128.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

中米 | コメント:0 | トラックバック:0 |

共生

DSC09355.jpg

コロナの自粛宣言が出て、はや3週間が過ぎようとしている。
各国が国境を封鎖をし、世界が分断されて鎖国状態。「菌を封じ込めることに成功した」と誇らしげに語る首相や大統領を見ていると、呆然とする。
人間の歴史は、常に細菌との共生にある。最後に在り方を決めるのは、人間ではなく、地球の意思であるガイアの化身、細菌が決めていくのは、歴史を顧みれば、火を見るより明らかだ。
DSC09456_202003180933178e9.jpg

コロナ菌は「人間が作り上げたもの」というのは、ほぼ間違いないだろう。でもそんなことは問題でなく、その菌を地球上に産み出してしまった以上、それらと共生していく術が何よりも大切になる。決して押さえつけたり、共通の敵にしてはいけないのだ。敵対すれば、ウィルスはその気持ちを反射させ、さらに強大になっていく。どうしたらその力を弱められるだろう。答えは、ただひとつ。皆がそれぞれ「生まれてきたウィルスに感謝して、穏やかな気持ちで共生していく」と決めること。一人一人が、自身に決めることで世界は必ず変わっていく。
DSC09631_2020031809331785a.jpg

人と近づくと感染する。今のような期間が延びればのびるほど、僕たちは友人や知人たちと無性に近づきたくなる。毎年5月の最終週に北海道で、日本中の縁ある仲間たちが集い「海鮮の宴」を開催しているが、今年も皆の笑顔が見られることを、とても楽しみにしています。あっ、昨夜2名の欠員が出ました。1名はキャンセル待ちで入ったので、あと1名なら入れます。ご縁のある方は是非連絡下さいね。今日も一日、笑顔を絶やさず、素敵な一日にしていきましょう。
               ノムラテツヤ拝
DSC09646.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |