FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

時間の秘密

DSC07486_2020053118202109e.jpg

「コロナ禍の後は、どうなるのか?」
最近皆が考えるキーワードでもあるが、結論、未来は誰にも分からない。
未来は遠いものではなく、今の状態の積み重ねの反映。だからこそ、今という瞬間を工夫して、楽しい時間を創出することが、更にワクワクする未来へと繋がっていく。
忌まわしい体験や、トラウマの過去があれば、それらを解くことが、穏やかな今となり、輝かしい未来となる。つまり、過去の結果の今、その瞬間の積み重ねが未来だとすれば、現在の中にこそ、過去も未来も内包するのだ。
大切なのは、今の状態。それを心地よくするために、僕らは過去へも少し先の未来へも旅することが出来る。これが宇宙の、地球の真理。時間の秘密なのだと思う。 
         ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

6月バー阪根

DSC04752_2020053113364472c.jpg

第15回、バー阪根「断捨離会」が終わった。
断捨離の祖ひでこさんの登場で、前半は世界のコロナ情勢、中盤はコロナの後の世界展望、終盤は断捨離についての質問コーナーとなった。会が始まる前には、ひでこさんから直接、これから「断捨離王国ならぬダンシャリトリート」の設立話にドキドキ・ワクワクさせられた。
6月からは回数を減らすが、スペシャルゲストのひでこさん、じんじん、やすみっちゃん、お犬さま、冒険家、新たな方々を含め、好きな時に、ぷらっと遊びにきてくれる形式にしたいなと考えている。以下に、6月のバー阪根の告知をさせて頂きますね。

定員50名、参加費2000円(寄付金)、各日曜日の午後20時~22時に開催します。

バー阪根・姫猿雉会の開催日)
6月 7日(日) 姫猿雉会(午後20時~22時)
6月14日(日) 姫猿雉会(午後20時~22時)
6月21日(日) 姫猿雉会(午後20時~22時)
6月28日(日) 姫猿雉会(午後20時~22時)

姫(山元加津子)、猿(阪根博)、雉(野村哲也)は、もちろんレギュラー出演しますが、他にも毎回驚くようなゲストが参戦する可能性が大。参加者の皆様で一週間を振り返りな
がら、爆発するうねりを創りあげていきましょう。

もう一つは、太極拳の師範・山田先生を迎えての、バー阪根・太極拳(各回2000円)で30名限定。
6月10日(水) 太極拳チームと仲間たちの宴(午前10時~12時)
6月24日(水) 太極拳チームと仲間たちの宴(午前10時~12時)

開催の主旨は初志貫徹。日々のコロナ状態、日本、海外の今を学び、四方山話にゲラゲラ笑い、姫のミニ講演で涙する。太極拳チームの方はより少人数で双方向の宴を楽しみます。参加費の全額を、コロナ禍で困っている企業や団体に寄付します。ぜひ皆で変化を楽しみながら、ご縁を結び合いましょう!
               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

5月最終日

アンコール4

さぁ、今日で5月もラスト。
自分の中でステイホームの区切りだ。
来週からは講演や雑誌対談も開始する。
今の心の状態はパドックに入れられた競走馬のよう。
扉が開いた瞬間、気持ちを爆発させます。
          ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

大営巣地

N-006.jpg

世界最大のキングペンギン営巣地、それがサウスジョージア諸島だ。南極圏の周り、亜南極圏に属するため、夏には雪が解け、浜に緑の森が現れる。
キングペンギンのメスは産卵のため40日間絶食し、卵を産むと同時にオスに抱卵を任せる。その期間は50日、メスがようやく戻ると、残りの50日はバトンタッチをして、ようやく赤ちゃんペンギンの誕生だ。
ここに集まる数十万羽のペンギンたちの我慢強さに胸を打たれ、彼らを生かしていける豊穣の海に、心を揺さぶられる。誰に教わるわけでなく、連綿と繋いできた命の営みに、風景がじんわりと滲んだ。
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南極 | コメント:0 | トラックバック:0 |

虹のトンネル

DSC02080_202005300814440a4.jpg

霧を編むように、二重の虹が現れる。
赤橙黄緑青藍紫(せきとうおうりょくせいらんし)。
子供の頃、親が虹の順番を教えてくれたっけ。
一台のトラックが、虹のトンネルを抜けていく。
まるで夢に描いたような、やわらかな時間だった。
           ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アイスランド | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>