fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

あいみょん

20090311071931_202006221736226cf.jpg

洋楽は聞くけれど、邦楽はあんまり聞かない。
でも、サザン、スピッツ、アンジェラアキ、手嶌葵、平井堅あたりは聞く。アマゾンミュージックで、最近の歌を聞いていたら、曲調も歌詞もズシンと心に響く曲があった。その歌手の他曲を聞くと、どこか懐かしいが、尖がった歌詞に僕は恋に落ちた。
いまさらか・・・と皆様に飽きられそうだけれど、あいみょん。良いですね、かなり。ハルノヒやマリーゴールドは王道だけれど、「生きていたいんだよな」なんて、中島みゆきと椎名林檎を足して割ったような鮮烈さ。音楽のベースは、彼女が大ファンだという草野マサムネのスピッツ。だから爽快さと懐かしさが交わるんだろうな。
ザラザラとしたリアルな肌触りの体験を、シンプルな曲調に乗せ、自分の命をまるごと歌声に込めていく。年齢を聞いてビックリ。まだ若干25歳なんだ。いやぁ、驚いた。凄い歌手が出てきてるんですね、今の日本には。
               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

祈りの意味

キャプチャ9

会を追うごとに、だんだん凄みが増してきた。
4月下旬から始めたズーム会。通算23回目の昨夜は、姫の山元加津子さんを中心に、猿の阪根博、雉の野村哲也、聖書漫談師の赤塚じんじん、そして神の生まれ変わり舩井かっちゃんの登場だ。
テーマは祈りについて。どうして人は1万2000年も前から祈るのか?
姫は脳幹と子供たちの立場から語り、ひろちゃんは古代遺跡の渦巻きから。じんじんはエルサレムを聖地とする3宗教の違いとキリストの立場から、そしてかっちゃんの言葉に、僕は唸った。
「きっと人間の仕事なのでしょうね。他の生き物と違い、人間だけ祈ることが許される。神々から、それを任されたのではないですかね?」
物事の本質は、すべてシンプルなはず。枝葉ではなく、幹の答えだったのかもしれない。だからもっと、そこを大切に。日々、地球を自然をサムシンググレートを想い、そこと繋がり続けること。すると、きっと悦び続ける人生になれる。そう、祈るという行動は、まさに神々から僕らに与えられたギフトなのだと確信した。
来週の姫猿雉会にも、じんじん&かっちゃんは参戦決定。テーマは、「みんな違って良い、みんなそのままで良い」。姫が生涯を通して、言い続けてきたことを、皆で話し合いたいと思う。
いつもは、午後20時~22時までだが、28日(日)は20時30分~22時30分までに変更します。理由は19時30分~20時までNHKの自然番組「ダーウィンが来た(南米で目撃!ホタル謎の大乱舞!)」に、自分が出演するので、それをリアルタイムで観させて下さい。時間を遅らせる代わりに、必ず何処かで番組の撮影裏話、面白話も話せたらと思っています。参加費(寄付金)は2000円。さぁ、皆で最高の時間を創り上げましょう。
                ノムラテツヤ拝
キャプチャ10
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |