FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ヒグマの国

TET01577_20200802070732972.jpg

知床に通うたびに、現地の友人が増えていく。今日は特別に昆布漁師にお願いして、貸し切りボートで撮影に出かけた。
知床の食物連鎖最上位は、言わずとしれたヒグマ。彼らの生息圏へ入ると、すぐに山の斜面から姿を見せてくれた。そうそう、ヒグマの纏う氣って、こんな感じだ。僕の体はビクッと緊張し始め、細胞が浮き上がる。ふふふ、こういう体験って、本当に必要。自分の体が自身を守るため、五感をフル回転させているのだ。
飛沫をあげて海辺を歩いたかと思えば、
TET01722-1_20200802070732402.jpg

頭をコリコリと掻いてみたり、
TET02213 (2)

終いには立ち上がって僕を凝視した。ゆっくりと、少しずつ、僕は知床の大自然と交わっていく。
             ノムラテツヤ拝
TET09687_20200802070729e7d.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

学長の博物館ガイド

DSC03621.jpg

う~ん、それにしても格好良いなぁ。
阪根大学の特典の一つとして、阪根学長の祖父が創立した天野博物館のガイド動画の閲覧権があるけれど、あまりに学長が格好良いので、最初の15分だけ公開します。
阪根大学について http://www.glacierblue.org/index00.html
天野博物館の動画がなぜ貴重なのかは、理由が2つある。
まず、天野博物館は原則カメラやビデオの持ち込みが禁止され、阪根学長のガイドはまさに現地へ来た者だけの一期一会だった。もう一つは館長が変わったことで、昔の天野博物館が全面リニューアルされ、織物専門の博物館になってしまったこと。どちらが良いなんて僕には言えないが、どちらが好きだったかは断言できる。創立者の天野芳太郎先生が、苦心して考え、順序を決めた昔の天野が、僕は大好きだった。その今は無き、昔の天野博物館を、学長の許可を得て1回だけ撮影させてもらったことがある。今回の動画はその時のもの。僕はプロでないので、画面はブレブレだけれど、あの時の阪根学長の面白さ、凄さがちょっとでも伝わったら嬉しいな。
全部で2時間弱の案内動画、その最初の15分だけを本日8月2日から以下で公開します。
阪根大学チャンネル https://bit.ly/2BSVNLC
阪根大学の学生の方は、第一回目8月9日の講座日を皮切りに、残りの動画を順次配信していく予定ですので、どうぞお楽しみください。学長の熱き気持ちが、御縁のある皆様へ届きますように!
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |