fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

満月光

DSC01734_20200902194519d30.jpg

空が晴れていたら、ぜひ見上げてね。
今夜は満月、低い位置では線香花火色、高度が高くなると黄金色に輝いた。
RXT07182.jpg

満月を見ていると、体が自然にアース(放電)されていくような氣がする。
          ノムラテツヤ拝
TEN05623.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

縄文遺跡群

DSC00514_2020090208054780f.jpg

北東北を旅して、初めて知ったこと。
それは東北から北海道にかけての縄文時代遺跡群が、世界文化遺産登録に申請していることだった。
三内丸山は勿論、秋田の万座環状列石、そして有名な斜光器土偶が出た亀ヶ岡遺跡などをすべてひっくるめての申請だ。
DSC00521_20200902080547f06.jpg

もし、これから考古学や文化人類学をやろうという方がいたら、僕は強く推したい。まず一つの遺跡を見続けること。そして世界中の遺跡を自分の足で見て回ること。そこからきっと、様々なものが繋がり、新たな世界が見えてくるから。
万座環状列石は、ペルーのワンカと形状がソックリで、中心の岩は、確実の天地を結ぶ憑代だ。
DSC00525_20200902080546bcd.jpg

三内丸山はエリート中のエリートだが、この遺跡も、その時代からの祈りが、まだ現代にしっかり残されていることから、かなりの心の裕福な人々が、暮らしていたのだろう。
アラスカやカナダのイヌイットたちが使う偏向サングラスのような斜光器、それらに似ているからと斜光器土偶と呼ばれ、亀ヶ岡遺跡に巨大レプリカが建っている。どうして、こんな顔を作ったのだろう。本当に斜光器なのだろうか? ねぇねぇ、教えて!
              ノムラテツヤ拝
IMG_7895.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |