fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

カックウ

RXT07495.jpg

1975年の夏、農作業をしていた地元の主婦によって、中が空洞に作られた中空土偶が発見された。南茅部町の中空土偶から、「茅空(カックウ)」の愛称でも親しまれる、北海道初の国宝だ。著保内野遺跡から発掘された実物は41.5cmと大柄で、3500年前(縄文後期)に作られたという。
RXT07512.jpg

カックウ(土偶)は土器と違い、破壊されるために作られたもの。壊すことによって「死と再生」のイメージから永遠性に転化させる縄文思想の象徴、つまり日本の霊性の原点とも言うべき存在だ。間近で見ると、頭から足先まで細やかな幾何学模様、縄文模様が散りばめられ、とても壊すために作られたとは思えないが、CTスキャンをかけると土の厚さを変えることで壊れる箇所と壊れない箇所を見事に調節していることが分かった。
今にも歩きだしそうなカックウ。国宝なのにも関わらず、周りには誰もいない。僕は吸い寄せられるように近づき、この肉体に込められた想いを感じた。これも足形付土板同様、まだ生きているような生々しさがある。久しぶりに、心から惚れた像に出会った。その名もカックウ。人生で必ず見るべき世界の至宝です。
          ノムラテツヤ拝
RXT07479.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

輪廻の土板

RXT07467.jpg

縄文早期(6500年前)の墓から、足形付土板(あしがたつきどばん)が発見された。楕円形のその土板を見ていると、縄文時代の死生観、思想観が真っすぐ心へ響いてくる。
RXT07427.jpg

「死というものをどう受け入れるか」という命題は、人類が原初から持っている共通の恐れであり、信仰や宗教の根幹を成す。森と海に囲まれ、豊穣な大地に住み着いた縄文の人々は、四季を通した自然サイクルや、月の満ち欠けなどを観察することで、命の秘密に行き着いたのだと思う。
RXT07434.jpg

「死と再生は混在一体であり、自然が日々再生を繰り返すように、我らの命(魂)もまた循環する」と。
亡くなった子供の足形を粘土板に写し取る行為は、輪廻再生を願う母の強き想い。そしてそれらを住居内に吊るすことで、共に寄り添い、また会える日を待ちながら生きたのだ。
驚くべきことに、縄文のその土板からも、9000年前に作られたという仰臥屈葬からの漆糸製品からも、まるで今もココに生きているような、生生しいエネルギーを感じる。
RXT07447.jpg

きっと縄文の大ブームがやって来る。北東北、南北海道全体の縄文文化による世界遺産申請も、来年には間違いなく通るだろう。そして、次の部屋で、僕はその核心ともいえる縄文の国宝を、目にすることになる。
               ノムラテツヤ拝
RXT07464.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |