fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ひのとり

IMG_6010.jpg
空に鱗雲が残るなか、サンセットの時間が始まった。
IMG_6011.jpg

夕陽が水平線へ近づくと、職人のように、雲を一つひとつ丁寧に染めていく。空も海も、ピンクや紅色や緋色に。
IMG_6012.jpg

たおやかな気持ちでシャッターを押すと、夕日と一羽の鳥が重なった。それは、手塚治虫先生の「火の鳥」のように見えた。
ノムラテツヤ拝
IMG_6013.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

鳴無神社

DSC04966_202108111230485cd.jpg

高知の聖域と言えば、鳴無神社(おとなし)だろうか。
どっしり構えた茅葺の本殿も素敵だが、やはり二重鳥居の先にある海の浦ノ内湾の光景だろう。
DSC04976.jpg

波の調べはほとんどなく、名前の通り音無し。でも、ここには摩訶不思議なエネルギーが流れている。
DSC04994.jpg

二重の鳥居が祀る場所は本殿ではなく、この湾の中。ここに、とんでもないものが埋まっているのだ。
DSC04998.jpg

心を静かにして聞いてみる。むかし、むかし、この地には〇〇〇が降りてきた・・・
             ノムラテツヤ拝
DSC05000.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

絶景世界131

131.jpg

ペトラ遺跡は、死海から約80キロメートル南にある世界遺産。19世紀に探検家ルートヴィヒ・ブルクハルトによって発見されたが、現在も発掘は続けられ、いまだ全体の1パーセントほどしか解明されていない。そのためか2007年にはペルーのマチュピチュやイタリアのコロッセオと並びスイスに本拠を置く「新世界七不思議財団」によって「新世界七不思議」のひとつに選ばれた。
遺跡では『ペトラ・ナイト・ツアー』が行われている。暗くなった頃、ビジターセンターに集合し、ガイド先導のもと、キャンドルの灯されたシーク(細長い回廊)をゆくと、岩山をくり抜いてつくられた宝物殿「エルカズネ」が見えてくる。およそ高さ45メートル、幅30メートルものペトラ屈指の遺跡は、映画「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」の舞台になったことでも有名だ。闇夜のなか、広場には約1500個ものキャンドルが光り輝き、中央でベドウィン族の奏者が伝統楽器、ラバーバを奏でる。風を切るような哀愁ある音色に耳を傾けながら、ぼんやりと浮かび上がるエルカズネ。幻想的な夜にどっぷりと浸りたい。
ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

絶景世界 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |