fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

雲の上の図書館

DSC05256.jpg

日本で一番素敵な図書館、それは手前みそだが、岐阜市の図書館(コスモメディア)だと思う。設計は建築のノーベル賞と呼ばれる米プリツカー賞を受賞した伊東豊雄さんで、ひとたび足を踏み入れたら、そこには図書館というよりも豊かな森が広がっていた。
そんな僕に、阪根大学の山元副学長が、「てっちゃん、もっと素敵な図書館があったよ」と教えてくれたのだ。その名も「雲の上の図書館」。四万十川の上流部、梼原地区にある隈研吾さんが設計した図書館だという。
図書館フェチの僕としては黙っていられない。早速出かけてみると、田舎にこじんまりと建っている黒壁の図書館。
DSC05260_202108141716590b0.jpg

中へ入ると、靴を脱がされ、スリッパを履かされた。隈研吾さん得意の負けの設計、国立競技場のように木をふんだんに使い、その香りが図書館に充満していた。
DSC05297.jpg

一回りしてみる。確かに見せ方は確かに面白く、子供たちがしゃがみ込んで絵本を取るような作りになっているが、いまいちピンと来ない。
DSC05268.jpg

岐阜の方が素敵じゃない? いかんいかん、完全に故郷愛が勝ってしまっている。
心を静かにして、バイアスをかけずに、ただ目の前に在るものを淡々と見る。二回目、三回目と回ると、何か違和感を感じた。岐阜の図書館にはない、何かがここにはある。そして、僕の目の前で子供たちが教えてくれた。
キャッキャと追いかけっこをして遊んでいた女の子が突然止まり、座りながら本に手を伸ばす。そこで足を投げ出し、横になり、寝転びながら本を読み始めたのだ。
DSC05306.jpg

智を育む図書館を、自宅でいる感じで感じで欲しい。五感をフル稼働させ、読書を楽しんで欲しい。
DSC05310.jpg

だからこそ、入り口では靴を脱ぐ。僕も真似をして本を読んでみる。投げ出した腿にひんやりとした冷たさ、背にもたれる木々の温もり、そして本から立ち上るインク臭。寝転んでみれば、木々が雨のように降り注ぐのだ。
素敵。。。無意識に僕はそう呟いていた。こんな図書館、家の近くにあったらいいなぁ~。副学長の勧める意味がよく分かりました。あっ、新書のコーナーを見ていたら、拙著の「世界の四大花園を行く」もありました。うふふ、嬉しいなぁ。雲の上の図書館さん、良い勉強をさせてもらいました。
            ノムラテツヤ拝
IMG_5625.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最強沈下橋

DJI_0350.jpg

いくつもの沈下橋を眺め、愛媛との県境にある秘境にかかる橋に目を奪われた。
たおやかな流れに、カヌーで遊ぶ人々。
DJI_0357.jpg

長閑な沈下橋に、軽のパトカーが走っていく。
DSC05233.jpg

日本の田舎は美しいなぁ、この美しい風習が、いつまでも続きますように。
         ノムラテツヤ拝
DSC05218_20210814130453267.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

絶景世界134

134.jpg

相手に敬意を込め、感謝して写真を撮影する。気持ちは変わっていないのに、その中で妙に売れる写真と、全く売れない写真が出てくるのは何故だろう?。
僕たち写真家がベストショット、または自信のある写真というのは、大抵思い入れが強い写真だ。何年もかかってようやく撮れた写真、奇跡に成功したショットなど。でも、写真家という職業を長年させてもらっていると、その乖離に悩む時が訪れる。
「どうしてこの自信のある写真ではなく、こちらのカットを選ばれるのか?」と。
21歳の時の処女写真集出版を皮切りに、エッセーや写真絵本などを14冊編む中で、巻頭グラビアを担当する中で、様々なクライアントたちと共に仕事をする中で出た答えが、僕なりにある。
よく写真家志望の若者たちから受ける質問に、「良い写真はどうやったら撮れますか?」がある。断言する。良い写真、または悪い写真など無い。写真自体に優劣など1㎜も存在しないのだ。
ただし、撮影した人が、どうしても伝えたい、と強く想う写真はある。それが世に出る写真・・・という訳ではなく、後世に残っていく写真というのは、その一枚後に撮った写真になることが多い。
ここだ、と思った時には、きっと体に力が入っている。でもそのショットを押し込んだ瞬間、脳には快楽物質のエンドルフィンが溢れ、恍惚状態となる。その次、またその次と、押し込んだ写真は、大抵記憶がない。
その無意識で撮影した写真こそが、伝わる写真になるのだ。だって、自分という我が無くなり、透明人間になる。「風景」→「写真家」→「鑑賞者」の写真家という部分が消え、「風景」→「鑑賞者」となる。つまり、その風景の「氣」が誰にも邪魔されることなく、ダイレクトに相手の心へ振動していくのだ。
南アフリカの花園に佇む女性を撮影していたときもそうだった。カレンダー、高校の教科書、雑誌の表紙、テレビ番組、今まで使われた機会は数知れない。大切なのは、「力を抜くこと」、そして「無意識に繋がること」なのかもしれない。
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

絶景世界 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |