fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

初体験

DSC08707.jpg

「野村さん、初めての場所へ行く時は、何か気を付けていることはありますか?」
老若男女から、よくこの質問を受ける。
「はい、何も調べないことです」
まっさらな気持ちでその土地とファーストコンタクトを取りたいので、事前にバイアスのかかりそうなものは一切見ないし調べない。だって生まれて初めての体験は、人生でたったの1度きりしか無いですから。
一旦その地へ足を踏み込めば、後は五感をフル回転させ、アンテナを高く上げて、自分の知りたいもの、見たいもの、感じたいものを探す。あまり信じてもらえないかもしれないけれど、自然って本当に願っているものを的確に教えてくれているんですよ。
DSC08757.jpg

「朝日をどこで見るのか?」
これもやはり自然が手招きしてくれる。僕は車を走らせ、少しだけ獣道を登れば、展望が一気に開ける。
「甑島さん、おはようございます。今日は一気に駆け抜けますね」
DSC08793_20220202171918b58.jpg

深紅の朝日が顔を見せた。
            ノムラテツヤ拝
DSC08812.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Dr.コトー

IMG_2995_20220202112808665.jpg

甑島は最初からド派手だった。港からレンタカーを借りに親和館へ行くと、事務所脇に懐かしい漫画が飾られていた。
Dr.コトー。おっと覗き込むと、「絶海に浮かぶ孤島・古志木島の小さな診療所で」と書かれている。
「もしかして、Dr.コトーのモデルって、ここ甑島(こしきじま)なんですか?」
「そうだよ、お兄さん。ほら」と色紙に書かれたサインを見せてくれた。
IMG_2998.jpg

おぉぉ~と驚いていると、さらに奥の扉を開いてくれた。食堂の一角の大壁に、2020年に来られた時のサインが。
IMG_3003.jpg

それを見た瞬間、僕はあの15年前の夜にタイムスリップした。
Dr.コトーの原作者、山田貴敏さんは、岐阜市出身の同郷者。岐阜のドンの力を借りて、お酒を酌み交わしたことがある。あの夜に、僕はモノづくりの、想像力をフルに使われている人の真の力を見た。そしてどんなことを日々大切に積み重ねているかを懇切丁寧に教えてもらった。
35歳の僕なりに熱く書いた文章が残っているので、ご興味があれば是非。
http://fieldvill.blog115.fc2.com/blog-entry-6082.html
そう、甑島は何もないことが素敵なのではなく、まずはあの誰もが知る「Dr.コトー」の舞台だったのだ。山田さん、お元気にされているかな? 久しぶりにまたお酒を酌み交わしたいなぁ。
            ノムラテツヤ拝
IMG_3005.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真107

107_202202020752133d2.jpg

日本国内を北から南まで旅をして、しみじみ感じたこと。
それは山岳地帯を中心に、神々の降り立つ地が無数に用意されていたことだった。
神の社はもちろん、巨木、巨樹、磐座などを神籬(依り代)として神々をお招きする。その中心に建つのが、最高峰の富士山。まさに日本の魂の根源だ。
茜色に宙が染まり、天頂が蒼で包まれる。巨大な鳥居の向こうに、御神体の富士が。手を合わせて遥拝、心は洗われ、僕は限りなく透明になっていく。
ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |