fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

北京オリンピック開幕

1_20220204211530eb5.jpg

24回目の北京冬季オリンピックは、24節季でカウントダウン。
いいねぇ。私たちは西洋の時間で生きていない、私たちの時間が在ると世界へのメッセージ。
リアルな風景とCGを使った風景の合作が、色鮮やかに浮かび上がる。
3,2,1,0.スタジアムの中心から緑色の蓮が花開く。
立春。それは春の始まり。厳しい冬を越え、春を待つ期待感。それをオリンピックの開会式へぶつける。
LEDライトを組み合わせた演出、総監督は映画監督のチャンイーモウ。
春の華に寄ってくる蝶。タンポポの綿毛が舞い上がり、スプリング文字の花火と大輪が夜空を覆う。
上品にして、伝えたいメッセージを真っすぐに。メイン会場の鳥の巣がオレンジ色に輝いた。
国旗を多くの人々で手渡しで送っていく。国旗掲揚と国家斉唱。
さぁ、北京で冬の祭典が始まった。
             ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

風景を観る

DSC08941.jpg

風景を観る。それは地球の歴史を感じること、そして心の内側を垣間見ること。
雲間から太陽光が降り注ぎ、光と影を編み込んでいく様は、地球の呼吸であり、心の機微なのだと思う。
DSC08952_202202041705158ee.jpg

大切なことは、一日の内にほんの少しで良いから、体を解放し、地球と自分を溶け合わせる時間をつくること。
DSC08948_20220204170516e2f.jpg

そうすれば、地球が今なにを想い、どんな状態なのかが浮かび上がってくる。
            ノムラテツヤ拝
DSC09028.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

凸版印刷

TEN00383_20220204123754b73.jpg

よっしゃぁ、節分明け一発目の仕事が決まった。
大手印刷会社・凸版印刷の2023年カレンダーに、レインボーマウンテンのアルパカが選ばれた。
ふふふ、日本中に配られるオフィスに、可愛い彼らたちがどう飾られるのかな? それを想像すると、幸せな気分になる。
僕も早く戻りたいな、あの清冽なアンデスの風の中へ。
          ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真109

109_2022020410243084e.jpg

マウイ島は、東西に大きな山が聳えている。そこに貿易風が当たると雨雲が湧き、雨のカーテンが出現。海側から太陽の斜光線が射し込むと、ドラマが起きる。
ハワイの別名は「レインボー・ステイト(虹の州)」。一重、二重、そしてかすかに三重の虹だって現れるのだ。
雨粒と砂塵舞う大草原の真ん中で、僕は虹と向き合った。
「綺麗、美しい、有難う」。
これが虹を呼ぶ魔法の言葉だと、パタゴニアの先住民から教えてもらったっけ。ゆっくり呟くと、虹は強く、太く、色づき始めた。僕たちと大自然は当たり前だけれど、深く濃く常に繋がっている。
撮影がひと段落し、帰ろうとすると、また虹が濃くなって青空にアーチを架けた。ザックからカメラを取り出して再び撮影。それが三度も(笑)。終いには夕日になるまで遊んでくれた。
虹は体内に流れるエネルギーを中性に引き戻してくれる。そして僕の魂をいつもワクワクさせる。
ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |