fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ウクライナ支援

DSC07663_202202271818546a6.jpg

2019年5月11日のブログに、「インカの大布」という文章を書いた。
http://fieldvill.blog115.fc2.com/blog-entry-3803.html
祭壇に使われた大布には、六本指の手が描かれ、与える手は3本、受け取る手が31本在る。
「これが逆になったら素敵だね」。友人Kさんの言葉が、僕の胸に、小骨のように刺さった。
今、読み返すと、また別の世界が見えてくる。ロシアのウクライナ侵攻で、ウクライナ人の多くの人が死傷している。
僕らは祈るだけでなく、何をすべきなのか? 僕は与えられる人になりたい。人道支援に使われるのか、武器によって使われるのかは分からないけれど、とにかく今、肉体的に傷ついている人たち、心にトラウマを負ってしまった人たちを少しでも助けて欲しい。
在日ウクライナ大使館が動いてくれたので、僕も今、出来る限りの義援金を送らせてもらった。もし賛同してくれる方は、以下に情報を記しますので、宜しくお願い致します。

ウクライナ大使館のツイッター
https://twitter.com/ukrinjpn/status/1497100158693416961?s=21

【支援先】
ウクライナを応援したい方々のために、寄付金を送金できる銀行口座情報を以下に更新します。
三菱UFJ銀行
広尾支店 047
普通口座
口座番号0972597
エンバシーオブウクライナ

与える手と、受け取る手。地球によって生かさせてもらっている者同士、手を取り合って、助け合いましょう。
小さなことが、大きな力になっていく時代。僕らは結の時代へ向かっているのです。
               ノムラテツヤ拝
キャプチャ
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ディスカバーご近所

DJI_0282.jpg

太陽の光と波がマリアージュする時間帯。
三浦半島は、まるで日本じゃなくなる。ここはイタリアのアマルフィか、はたまたランペドゥーサか?とイタリアの絶景を思い出させる。大切なものは身近にある。宝物はすぐそばに転がっている。それを昔の人は、灯台下暗しと言った。ウマいこと言うなぁ、灯台は周りに光を出し続け輝くが、足元を照らすことが出来ない。
DJI_0310.jpg

でも、その闇にこそ、素晴らしきものが詰まっているのだ。
DSC08037_2022022717131410b.jpg

父は、幼少の僕によくこう教えてくれた。「哲也、ディスカバー(発見)するのは、世界でも日本でも岐阜でもない。ご近所なんだ。ディスカバーご近所、それが一番大切なんだ」と。
           ノムラテツヤ拝
DSC08055_20220227171313828.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

裏三浦

DJI_0329.jpg

こんなよく晴れた一日は、三浦半島の秘密の浜へ。
冬の海は透明感があり、エメラルドグリーンに輝いた。
人はだれ一人いない。ここ2年ほど海外に出られないため国内を巡ってきたが、日本には表と裏がある。
表側は観光地となり人を呼び寄せ、その裏側には地元の人たちが祈り込む大切な場が広がっていた。
三浦半島しかり。そのコツさえ掴んでしまえば、日本国内に別の地図が浮かんでくる。昔の日本は良かったなんて言わない。だって、その時代の香りが、裏側だけにまだ残されているのだから。
          ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真132

132_20220227091142ed7.jpg

世界で最も愛するホテルがある。
建物やサービスはそこそこ、でもそれらを補うに十分なロケーション。氷河湖の中島に作られた、ペオエホテルだ。
アルゼンチンから陸路でチリへ入ると、パイネ国立公園が見えてきた。現地民テウェルチェ族の言葉で、「青(ペイネ)」を意味する聖なる山だ。太陽が宝石のように天空で輝き、桟橋の向こうに白亜のホテルが。参加者の皆と一緒に近くの山へ登る。山頂は、パタゴニアらしい暴風で時速100キロはくだらない。風上に向かって倒れると、ピタッと45度で止まる。逆にすると、風のベッドで眠ることさえできた。パタゴニアは世界でもっとも美しい大地、そこにあるペオエホテルからは、寝ながらにして絶景が広がる。薄雲に太陽が重なり、七色の環がまあるく光りはじめた。
  ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |