fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

父の見た風景

RXT06655.jpg

あれはパタゴニアの氷河を見ている時だった。
崩落するのを、父、母、自分の3人で眺めていた時、とつぜん父が思い出したかのように呟いた。
「お父さん、昔、ある絶景を見て、これだけ美しいものを見てしまったら、死んでも良いと思ったことがあるんだ」。
父の話を聞くと、昔に仕事でドイツに行ったときのことだという。アラスカのアンカレッジで給油して、ロシアからグリーンランドへ向かっている時、氷河が解けて氷の破片が沢山湖に浮かんでいた。それらが太陽光に反射して、キラキラ、キラキラと輝き、それはこの世の風景とは思えぬほど美しかったと目を細めた。
RXT06686.jpg

僕はその話を聞いて、「いつか父が見た、そんな天上界のような光景をこの目で見たいな」と切に願った。あれから15年の時を経て、ついにその現場に立ち会うことに。しばらく厚い雲の切れ間から雪原が見え隠れしていたが、やがてそれらも完璧に取れて、広大な光景が眼下に広がった。氷河の舌部には氷河湖が作られ、そこに氷塊がモザイクのように浮かぶ。それはまるでジグゾーパズルのようにさえ見え、太陽光が反射すると、キラキラと反射し輝いた。
RXT06691(3).jpg

「父はこんな光景を見たのだろうか」。そのあまりの美しさに、僕はおでこを窓に付け、食い入るように見つめる若き父と逢ったような氣がした。
RXT06691.jpg

想いは時空を軽く飛び越えていく。僕らは今この瞬間を生き、この瞬間の中にこそ、昔も未来も含まれる。表裏一体の世界だからこそ、すべてが螺旋状で繋がり合い、映し、映される世界となっていく。やっぱり世界は際限なく美しいですね。
           ノムラテツヤ拝
RXT06692.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真271

271.jpg

相手からどうやって笑顔を引き出すか?
もし言葉が話せれば、面白いことを連発させて笑わせることも出来るだろう。でもここはブータン、ゾンカ語は話せない。となると、出来るのは一つだけ。
自分をすべてさらけだすこと。
「こうしたら恥ずかしい」な~んて気持ちをすべて捨て去ること。
世界中の何処でも通じる技がある。
面白そうなところに人は、必ず集まってくるのだ。
まずは自分が最高に面白くなり、ゲラゲラと声をたてて圧倒的に笑ってみる。
最初は面食らっていた地元民たちも、こいつおかしな奴だなぁ、と呆れながら笑い、更にこちらが本気で笑うと、それらが一直線に伝染する。
そうなると、もう360度どこを見ても笑顔、笑顔、また笑顔。
笑顔を見て不幸になる人はいないんだから。幸福の国ブータン、それは言い換えれば笑顔の国でもあった。
ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

グリーンランド

RXT06407.jpg

世界が、圧倒的な大自然が、待っていてくれた。
北極航路からグリーンランドへ近づいた時に、それは起こった。
映画を見ていたが、なぜか胸騒ぎがするので、シェードを上げると眼下にダイナミックな雪原風景が広がった。
一般的にグリーンランドが晴れ渡るのは珍しく、氷河、碧い湖、氷塊、そして呆れるほどのたおやかで大きな山々が、深い雪に覆われていた。
RXT06441.jpg

南極、グリーンランド、パタゴニア、これが氷河の大きい順番だけれど、僕は生まれて初めて、これほどはっきりとグリーンランドの氷河地帯を見た。
RXT06592.jpg

まるで2年半の扉を拓くような風景に、夢中でシャッターを切った。地球が創り上げる造形美こそが芸術の源泉。ここから人間はすべてのインスピレーションをもらうのだ。
RXT06446.jpg

「しばらく国外へ出ていませんでしたが、もう迷いは1ミリもありません。これからも宜しくお願いしますね」
その想いが通じたかのように、その先に、さらなる驚きの光景が待っていた。
           ノムラテツヤ拝
RXT06627.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロングフライト

IMG_0579.jpg

久しぶりの機内食に白ワイン&赤ワイン。
スイス航空は和食もあり、味は美味、ご機嫌だった。
IMG_0586.jpg

食事が終われば、映画の時間。グッチ家の物語と007を見て、クオリティの高さに驚かされた。
フライトマップを見て、更に目を瞠る。ロシアとウクライナ戦争により、ロシア上空は飛べないと知ってはいたけれど、まさかの成田からアリューシャン列島を北上し、アラスカ上空から北極航路。極点からグリーンランドを経て、スイスのチューリッヒへ飛ぶのだ。
IMG_0592.jpg

距離にして1万2000キロ以上。地球一周の約1/3だ。飛行時間は14時間。2年半の時を超え、一発目のフライトが14時間ってどうなの? 体は大丈夫?って心配したけど、やっぱり心の作用って素晴らしい。飛行機に乗っていることが楽しくて、これから起こることが嬉しくて、腰はもちろん、体もすこぶる元気だ。気圧が変わっても、左足の骨折部も問題無し。有難いなぁ。またこの体で地球を存分に遊べることを。その場所へ運んでくれるロングフライトに乗れることを。さぁ、あと映画を一本見て、大好きなスイスに到着だ。久しぶりのヨーロッパ、そしてアルプスが連なる国へ入国する。
            ノムラテツヤ拝
IMG_0596.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |