fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

泰然和尚からのメール

DJI_0263_20220728204841a08.jpg

大好きな泰然和尚から素敵なメールを頂いた。嬉しいなったら嬉しいな。

てっちゃんへ
今回の阪根大学5の第七回目ヨカッタ~、本当に感動! 録画を見ながら何度も頷き、拍手している自分がいました。
西表島で撮られた雨粒で作られた円形の虹、『神は光』と漠然ながら私もとらえているのですが、もうあの写真を見てまさに「唖然!」。 てっちゃんが絶叫された、というシーンを私も想像しては、さらなる感動をいただきました。
「自然はその人にとっていつも最良のものを見せてくれる」という言葉にもスナオに同感します。
てっちゃんがあのようなすばらしいシャッターチャンスに恵まれるのは、もちろん高い技術力と情熱と努力の裏付けがあってのことですが、それに加えててっちゃんの研ぎ澄まされた魂があの被写体を呼び起こすのか、と理解しました。
阪根大学の底辺を流れている「美しい心」がいろんな形で表現されていて、本当に素晴らしい学びの場となっていますね。
小さな画面のアキコさんが同じように頷き、笑っているのもとても印象的で、アキコさんの感性もすばらしいな~、とこれも嬉しかったです。ということで、「坂根大学6」も楽しみにしています。よろしくお願いいたします。 タイゼン

また泰然さんと一緒に場を共有できるのですね。秋のさかねまつりも、どうぞ宜しくお願い致します。
阪根大学6は、絶賛募集中です。ご縁のある方、集まれ~!

阪根大学6HP   https://fieldvill.wixsite.com/sakane06
秋のさかねまつり  https://fieldvill.wixsite.com/sakanematsuri2022

               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

生きたストーンサークル

DSC08884_20220728202023513.jpg

僕が見たいもの、それは一貫している。
観光地のそれではなく、地元の人たちが今も大切に守る聖域。そして現在進行形で祈り込み、使われている地だ。昔、どれだけの聖域であっても、荒れ果てた場所は世界中いくらでも在る。大切なのは、連綿と積み重ねられてきた気持ちと時間。今日も素晴らしいストーンサークルへと導かれた。牧草地帯にこんもりした鎮守の森が在った。
DSC08916_202207282020228f8.jpg

中には、現在も儀礼で使われる生きたストーンサークルが。氣を測ると右巻き。つまり天へ巻き上げられる氣だ。中へ入ると昇天しそうだ。
DSC08868.jpg

これほど大きなエネルギーなら、必ず近くに逆回転もある。周りを探索すると、それは隠れるようにして在った。今度は左巻き、天から地へ降りていく氣だ。
ふふふ、これがケルトの人たち、アイルランドの人たちが使っていた、いや、現在も使っている天地の氣か・・・。僕はややまんに教えてもらった通り、頭頂と仙骨に意識を集中させ、丹田あたりで氣を合わせてゼロ化した。たちまち体は空(くう)となり、この地の記憶が僕の中へ入ってくる。むかし、むかし、ここは・・・、聖域からの言葉に全身を傾けた。  
            ノムラテツヤ拝
DSC08962_20220728202022faf.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アイルランド | コメント:0 | トラックバック:0 |

アフタヌーンティー

DSC08794_20220728124906e9a.jpg

お城の中で、アフタヌーンティー。
紅茶の味はもちろんだけれど、どうしてイギリス圏内のスコーンってこんなに上質でウマいのだろう。
DSC08805.jpg

クリームが付いていたが、そのままで十分滋味深く、口角が知らぬ間に上がってしまう。
DSC08800.jpg

柔らかな風が吹き抜ける優雅な時間。このまま、ずっと続けばいいのに。
          ノムラテツヤ拝
DSC08817.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アイルランド | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真283

283.jpg

目指す山はK。
霧けぶる中、一歩一歩登っていくと、稜線でウグイスの啼き声に包まれた。声の主を探してみるが、さすが忍者のような鳥。姿をなかなか見せてはくれなかった。それから20分後、山を右へ巻いた矢先、小枝に動く影を見た。
もしかして、と望遠レンズをのぞくと、それは紛れもないウグイス。よくメジロを鶯と勘違いされている方がいるが、ウグイスはとても地味な姿。でも、背中から尻尾にかけての薄緑色(鶯色)の美しさと言ったら。
「ホーホケキョッ!!!」
毬のように胸を膨らませ、全身を使って一声に命を込める姿に、何故だか涙がこぼれ落ちそうになる。僕と鶯のランデブーは、奇跡的に5分も続くことになった。日本は広いな、人前に出続ける肝の座ったウグイスがいるんだから。
ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |