fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

中秋の名月

DSC02474_2022091218563524f.jpg

能登隊と中秋の名月が重なった。
写真の力をお見せしましょう。能登がどれほど美しいのか、愛情深いのか、そして隊員を抱き続けてくれたのか。
最近、圧倒的な心震える体験をしていますか? 自然に抱かれていますか? お腹をよじって笑っていますか?
魂が喜ぶ方へ、全力で人生を楽しみましょう。真剣に地球と交わりましょう。そしてどうぞ周りの人たちを大切に。
           ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

能登一の田舎風景

IMG_2042_20220912165050f30.jpg

ディープツアーは、誰も知らない絶景を体感するために在る。
ジェラートでお腹を満たした後は、能登で一番美しい田園風景へ。棚田などで有名な場所は多々あるが、昔から人々が景観を守りながら、大切にしてきた場所。もちろん、お米も能登半島で一番美味しいと評判だ。
DSC02087.jpg

41名で「あぜ」や「ぼた」を歩くと、稲の香りや揺れ、草花の匂いが立ちのぼる。誰もが昔遊んだ時代を思い出し、目を細めた。大切なのは、五感をフルに使って体感すること。雲は高く、コスモスが咲き、曼殊沙華が彩った。
DSC02109_20220912165051672.jpg

能登の夏が終わり、秋がやって来た。
            ノムラテツヤ拝
DSC02103.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジェラート

IMG_2022.jpg

日本全国から能登空港へ41名の仲間が集まった。
ロビーで能登隊の結成式を行い、まず最初に向かったのは、伝説のジェラート屋。
ディープツアーをいくつもやって来たが、しょっぱなからアイスを食べに行くのは初めてのこと。
混雑を恐れていたが、行ってみればちょうどお客とお客が途切れた時間帯。我ら大所帯が一列に並んだ。
IMG_2034.jpg

去年、初めてここを訪れた時、僕はのけぞった。ピスタチオや塩がウマいというのは勿論だけれど、ローマで頂く絶品ジェラートとそっくりなのだ。
話を聞けば、こちらの主人はイタリアで修行し、それを能登の旬と掛け合わせているという。
本日のメニューを見れば、大好きなイチジクなんかもある。
IMG_2030.jpg

味見をさせてもらうと、んもう、イチジク。これはジェラートではなく、イチジクそのものだった。
グランピスタチオ、マスカルポーネ、ブルーベリー、塩、栗など、皆、選びたい放題。一口食べて、絶叫した。
「てっちゃん、こんなにまろやかなジェラートって初めて食べたわ」
そうなんです。それこそが本場イタリアの、本物のジェラートなのです。さぁ、ディープ隊を始めますよ!
               ノムラテツヤ拝
IMG_2035.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真329

329.jpg

東北で最も好きな空間、それが青森にある。
とある建造物の吹き抜けにあるラウンジ。ガラス張りの向こうには深い森が広がり、せせらぎの音が聞こえてくる。中央には岡本太郎作の立体彫刻が下がり、高さ8.5m、重さ5トンのブロンズ製に「森の神話」が描かれている。夕方になると、薪に火がくべられ、幸福な空間が現出する。
ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |