fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

Mちゃん

138_2022091319191646b.jpg

びっくりした。そんな風に思ってなかったから。それほど真剣だったなんて。。。もっと早く教えてくれれば良かったのに。能登隊に参加してくれた最年少のMさんから、こんなメールが送られてきた。

私は大学進学にあたり上京しました。最初は望んでいたはずの一人暮らしが、パソコンもまともに操作できずに焦り、コロナ禍で頼れるお友達もほとんどいない中、1人の孤独感に耐えられず、様々な苦しみが重なり日々泣いていました。受験後に始めたキックボクシング、これは私にとって、大学生になってもなお生活の軸となり、その苦しみから開放してくれました。格闘技が楽しくてアマチュアでやっていたのですが、6月ごろに始めて僅か半年でプロの試合のオファーが来ました。一度はお断りしたものの、なんでも経験だという自分の決断でプロデビューすることを決めました。プロはアマチュアと違い、自分の幸せのためではなく、応援してくださる方や他者の幸せのためにやる必要があります。私は、プロデビューする過程で格闘技をすることの楽しみや喜びを忘れ、次第に嫌いになっていきました。プレッシャーで押し殺されそうになりました。周りの期待に応えることを第一優先にして、自分のことは蔑ろにしていました。プロ一戦目を終え、試合のプレッシャーからは解き放たれましたが、プロデビュー戦までで嫌いになってしまった気持ちはその後も消えませんでした。”プロ”という肩書きが自分にとって重荷になり、「練習しなければならない。なぜならプロだから、、、」という面持ちになっていました。次第にジムにも行けなくなり、周りの期待を裏切ってしまうようで、格闘技から離れたいという気持ちもなかなか伝えられませんでした。自分の気持ちに素直になれず、格闘技を忘れる何かを探していた時に、「ディープツアー」に出逢いました。
自分が素直になれる場所。それが野村さんが主催する旅でした。私が最初に参加した土佐隊は、母に無理矢理連れてこられました(笑)。この時は正直、「。。。」という感想でしたが、集った皆さんが自分らしく振る舞っている事に妬みながらも、どこか羨ましく、そして素敵でした。「若い時はガツガツ行け!!」、この旅で印象に残っている野村さんからのお言葉です。(他の旅に関しても書きたいのですが、とても長くなってしまうので、割愛します)。
その旅から半年が過ぎましたが、私は自分でも驚くほど変われました。その一つの事として、自分の夢が増えました。それは写真を通して、この世界の素晴らしさ、自然の素晴らしさ、地球・宇宙の素晴らしさを伝えることです。私は野村先生が星野先生という大きすぎる背中の師匠を追いかけているように、私も野村先生というとても大きい背中の素晴らしい写真家と出逢い、様々な世界を感じ、刺激を受け、視野が広がり、人生が激変しました。本当に感謝しています。感謝してもしきれないです。本当に本当に本当に有難うございます。これからも野村先生の大きな背中を追いかけ、一緒にいられる時間を大切に、盗める技術は盗んでいきます! Mより

彼女は19歳、そして僕は47歳か。
僕がハタチの時、星野さんは42歳だったな。何だかあの時の僕とMさんが重なってしまう。星野さんには、こんな風に見えていたのかな? あの時、星野さんはどんな風に接してくれたかな? そのひとつひとつが、僕にとってはまばゆく輝く宝物。だからこそ、真剣に向き合いますね。Mさん、しっかり間近で盗んでください。というか、分からなければガツガツ質問して下さい。僕の知りうること、出来うることであれば、何でもお伝えしますので。
            ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

遺跡のちから

DSC02147_20220913180104dc3.jpg

いやぁ、凄いわ。
環状木柱列の化石化した木は、黒々と光り輝いていた。
まるで出雲大社の心柱のよう。おでこをガラス窓に付けて、氣を繋げると面白い記憶が流れてきた。
DSC02137_20220913180106740.jpg

出てくるのは、やはりシャーマンのような神官のような、白衣の男性。そこで、何か棒のようなものを振っていた。
DSC02149.jpg

鳥型の土器、そしてM遺跡を一躍有名にした、イルカやクジラの骨たち。ここが縄文時代1万年を通して、豊饒の地だったのことが分かる。
DSC02173_20220913180059a46.jpg

そして縄文前期に作られた彫刻柱。つまりは、トーテムポールの原型だ。
俺たちの家系は・・・・、あの南東アラスカで見た、森に朽ち果てたトーテムポールたち、そして今も屹立する妖艶な氣を思い出し、自分の体をあの時へ引き戻す。
縄文トーテムと僕の知るハイダグアイのアラスカトーテムがリンクし、この関係性が渦巻いた。むかしむかし、、、わたしたちは、、、。
だから遺跡って面白い。現場にすべての答えが転がっているのだから。
             ノムラテツヤ拝
DSC02170_20220913180100788.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウッドサークル

<DSC02129.jpg

北陸最大の縄文遺跡「M」へ。
ここに、環状列石(ストーンサークル)ならぬ、環状木柱列(ウッドサークル)が在る。
以前に書かせてもらった通り、ウッドサークルは時代と共に移動した痕跡がある。
それは何故? 考古学で答えが出ないことも、氣で説明することが出来る。
ウッドサークルは伊勢神宮の式年遷宮のようなもの。その中心地には、天地の氣が合一する「ゼロ磁場」があった。
地球がガイア(生命体)なように、ゼロ磁場も、長い年月をかけて少しずつ移動する。だからウッドサークルを遷宮させるわけだ。
初めて見たときから、撮影したいカットがあった。今回は41名の仲間たちがいるので、それが出来る。
DJI_0591.jpg

この10本のウッドサークルの中に皆を入れて、一枚、また一枚。太陽光に助けてもらいながら、仲間たちの氣がゼロになる地点へ。無意識へ落ち、意識がうっすら浮かび上がった刹那、シャッターが切れた。
                   ノムラテツヤ拝
DJI_0604.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真330

330.jpg

まあるい二重の虹が、大空へ架かった。
虹のトンネルをくぐり抜ける車が一台、また一台。今日も自然は粋な演出をしてくれますね。
皆様、おはようございます。今日も皆様に沢山の幸せが降り注ぎますように。
   ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |