fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

古今東西

010_202209141814555db.jpg

古今東西、様々な書物で記され、映画で語られてきた。
「癌で寿命があと僅かです。そう宣告されて初めて自分の持ち時間を意識する。そして周りの風景が光り輝きだす」と。
なんでかな? どうしてこれほどまで記され、語られているのに、皆、健康な時にその境地へ至らないのだろう?
この前、友人にそんなことを話していたら、驚くべき答えを教えてくれた。
「てっちゃん、みんな忙しくて、自分の時間にかまってられないんだよ」
「えっ、自分の時間を生きていないってこと?」
「うん、だから癌と宣告されて、初めて自分の時間を感じるんだよ」
そんな馬鹿なと思ったけれど、もしそれが本当なら、なんて悲しいことだろう。それまでその人の体は文句も言わずに、毎日一所懸命に働いてきた。癌が宣告されたら、今度は「なんで俺が」となる。そりゃぁ、体は怒るわな。「お前は何様だって」。僕なら、間違いなく暴動を起こします(笑)。
ねぇ、そろそろ、そんな悲しいループに陥るのを止めませんか?
少しだけ自分の人生の持ち時間を考えてみませんか?
あと寿命が1カ月しかなかったら、あなたは何をしますか?
「行きたいところに行く、逢いたい人に逢う」。殆どの人がそれを望むでしょう。でもその先は?
「家族や仲間、愛する人たちと一緒にいる」。最後はそこへ行き着くのでしょう。
だったら、それを今、してください。今、その時間を作って、愛する人たちを楽しませて下さい。寿命が短くなってからするなんて勿体ない。寿命がまだある内だからこそ、もっと周りを大切にするのです。目の前の仕事や稼いだお金も勿論大切です。でもね、人が最後に望むのは、緊張感よりも安らぎ。そちらの世界観へ少しずつシフトしていきませんか?
                ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

イカキング

DSC02177.jpg

ディープツアーは、観光地には行かない。だってディープな旅だから。
でも例外はある。それは、どうしても僕が見たい時、そしてそれを皆がOKしてくれた時。
「皆さん、僕、どうしても会いたいモニュメントがあって」
その名もイカキング。最近、マスコミで多く取り上げられ、凄まじい経済効果を挙げているという。
コンセプトは、「イカを食うか、イカに喰われるか」。
いやん、行ってみたいわん。喰われてみたいわん。
IMG_2218.jpg

皆の同意を得て、ツクモールへ。そこに夕日を浴びた巨大イカが大口を開いていた。
素晴らしい。まずその茹でたばかりの色。これって、相当難しいんじゃないかな?
そしてイカの足が巻き付く感じ、口の中へ入れる仕組み、後方からの艶めかしさ。そのすべてが周到に計算され尽くしていた。
DSC02198.jpg

もちろん、41名で集合写真、そして僕はイカキングに喰われてみました。
               ノムラテツヤ拝
IMG_2110.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真331

331.jpg

20歳の時は、フィルムの時代だった。それもネガではなく、印刷に適するポジ(リバーサルフィルム)を使っていた。ピントはもちろん、今とは比較にならないほど露出を合わせるのが難しかった。
朝、昼、晩と撮影する中で、僕は少しずつ心にフラストレーションが溜まるのを感じた。
僕が本当に見たい、後世に残したい風景とは、まだ一日が目覚める時、または眠る瞬間の「地球の息吹」。野生動物たちは幽玄な朝を闊歩し、静寂の夕へ消えていく。その瞬間にシャッターをきっても、フィルムの感度が不足して、シャッター速度が遅くなる。結果、ブレた写真が量産された。
でも、デジタルが台頭し、ミラーレスとなり、感度を無限に上げられる時代の今は、あの時のリベンジのチャンス。
日の出前、一頭の雄熊が、僕へ向かって歩いてくる。3m、2m、1m、僕の匂いを嗅ぎ取り、道を空けろと顔を上げた。僕は脇に去り、後姿をファインダーで追った。
撮れなかったものが、撮れる時代に。ふと気づくと、僕は野生動物の息遣いに、包まれていた。
            ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |