fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

Yさん

IMG_1853_20231121160404334.jpg

Yさんから、素敵な濃密な感想が送られてきました。
こちらこそ、共に時間を重ねられたことに感謝しかありません。

伊勢神宮隊では大変お世話になりありがとうございました。
本当に日本は美しいですね。日本人は、古来より自然に畏敬の念を抱き、自然に神を見出し祀ってきました。
神宮は、2000年もの間、そこに関わる人々があらゆる穢れを祓い、清浄さを保ち続けてきている地。
清らかな五十鈴川が流れ、広大な森を抱いている地。
そこに足を踏み入れたとき、伊勢志摩に満ちている気のエネルギーを感じました。
そのあまりにも清浄な気は、知らぬうちに私の体の隅々まで入り細胞を清めていたのです。
磐座から、見おろしている山々に湧き立つ雲のゆくえを追いながら、透明になっていく自分を感じました。
あめつちのあわいに満ちている気に体がすっかり浄化され、心も洗われたようでした 。こういう体験は今までにありませんでした。

神宮は永遠を具現化しているのではないかと思います。
今まで この世に永遠というものはなく、あるとしたら、変化こそが永遠なる唯一のものと思っていました。
しかし、神宮は変化を人々には見せずに2000年前の姿を維持し続け、静かに時を紡いできました。
そうして天照大神のエネルギーを守り抜いてきている。
神宮は「永遠」を望んでいるのでしょう。
永遠なる神とともに生きる決意の場
神の気に溢れている場所
神宮はこれからの千年も生き続けていくことでしょう。

陽が昇り陽が沈む
そして季節は巡る
自然の営みの中で人々の生き死には繰り返される
今では神宮の永遠性が私の心の拠り所になっています。
白い玉砂利に寝そべって見上げた青く澄んだ空。
磐座から見上げた雲間からのぞく青空。
毎日、空を見上げる度に伊勢の空を思い出し、伊勢の穢れのない気を感じています。
感動をうまく伝えきれていませんが、今回の伊勢との出逢いは一生忘れることができないでしょう。
新しい気づきをいただき本当にありがとうございます。  Yより
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真739

739.jpg

日本で初めて作られたお宮、それは奥出雲にある。
禊場を過ぎて、森の一本道を登っていく。息が切れ始めた頃に、デーンと聳える磐座。
これが神社発祥の姿、そしてご祭神はもちろんスサノオだ。
「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる その八重垣を」
この地で読まれた和歌こそが、日本発祥なのだ。
大切なことは、表ではなく、裏側にある。それは見つめたい、感じたいと思う人だけに扉が開かれる。
ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |