fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

新世界写真803

803.jpg

甑島(こしきじま)には、トンボロ(陸繋島)が在る。
海底や沿岸流によって運ばれた砂や石が、波の作用によって水面上に現れたもの。そこに島で最も大きな里町が作られていた。
第一印象は、まるで函館の夜景。あれほどダイナミックではないけれど、小さな弓状地形に目を瞠った。
朝、雲が深紅に染まり、ファーストライトが町を立体的に浮かび上がらせる。陽光が高くなれば、海の色はエメラルドグリーンに輝いた。
ノムラテツヤ拝ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |