fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

チャックモール

DSC01894_20240419102617542.jpg

インカ・マヤ・アステカ。どれも素晴らしい文明だけれど、僕はそれ以前に無性に惹かれてしまう。
今から約1万2000年前、地球は激動の時代を過ごし、人類も激減した。いわゆるIceage(アイスエイジ)と呼ばれる時代だ。
その頃から人々の信仰を集めていた神々、それが雨の神様。エジプトでも、トルコででも、マルタでも、必ず雨の神様は大切に祀られ、今に繋がっている。ここメキシコではその役を担うのが、雨神・チャックモール。ケツァルコアトル同様、僕が最もマヤ・アステカで愛する神。虚空を見つめる瞳、そして雨を貯めるような愛嬌のあるいでたちがたまらない。
               ノムラテツヤ拝ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

メキシコ | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真863

863.jpg

雪の森で出会ったエゾシカ。
大きな雄は、多数の雌と子を従え、ハーレム状態。でも、うかうかなんてしていられない。その周りには虎視眈々と狙う別の雄たちがサテライトのように付かず離れず。それらを見ていると、今まで気づかなかった命の綾が雪面へ描き出される。野生の世界は厳しい。でも厳しいからこそ、互いをリスペクトし、優しさに満ち溢れるのだろう。
            ノムラテツヤ拝ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あさのじかん

DJI_0802 (1)

日に日に日の光が長くなり、ジャカランダの花も満開を迎えた。
どこ角度から、どの時間に撮ると、最もいのちが輝くかな?
朝日が当たった瞬間、ジャカランダも、メキシコ富士も、はんなりと輝いた。
           ノムラテツヤ拝ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

メキシコ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |