fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

氣の鍛錬場

DJI_0630.jpg

ふるえた。
まだ地球上に、こんな聖域が隠されていたなんて・・・。
マヤ文明のはるか以前に建てられた遺跡T、ここはまるで北米のマチュピチュ、いや壮大な氣の鍛錬場だった。
小さな田舎町からピラミッド型の山へ急登すると、突然現れた第一神殿に度肝を抜かれた。
DSC02950_20240423163957445.jpg

ゼロ地場、、、なのはもちろん、何か変だ。近づいてみると、精巧な作りに開いた口が塞がらない。
何と次元の扉。今まで世界中に聖域に足を踏み入れてきたが、ゼロ地場と次元の扉が一点に重なる場所を僕は見たことがなかった。恐るおそる祭壇へ立つと、天地の氣は拮抗してゼロに、四方からエネルギーが寄り集まり融合していた。
IMG_6276.jpg

古代の人は一体ここでどのような儀礼をしていたのだろう。ゼロ=空(くう)となり、次元を軽々と越え、何を見出していたのか? ここはアステカ、マヤ以前から崇拝される聖域。さぁ、遺跡内の探検を始めよう。
             ノムラテツヤ拝
DSC02962_20240423163954a4a.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

メキシコ | コメント:0 | トラックバック:0 |

新世界写真866

866.jpg

古色蒼然のサンタ・アナの町。
薄青い扉の前で、現地民を待った。赤い服を着たおばあちゃんが、ゆったり、ゆったり。僕はその歩みに息を合わせてシャッターを押した。帰り道、マヤの要塞「タズマル遺跡」へ。素晴らしい階段の彫刻技術と美的感覚は勿論、周りの村々の素朴さに惚れた。頭の上で荷物を持つ老人、薪や水を運ぶ若者など、時代がタイムスリップしたかのよう。中米を数日間旅して実感した。「ここは20年前の懐かしき南米の姿がある」と。
 ノムラテツヤ拝ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |