fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

森の問題

パタゴニアの深い森に住んでからというもの、色々な事が起きて日々生かされている奇跡を感じる。
分かりやすく言うと、今住んでいる場所は、富士山の麓に広がる青木が原樹海の真っただ中に住んでいる感じ。
家の中からは富士山そっくりのオソルノ火山が見渡せ、これまた河口湖そっくりのジャンキウエ湖がたおやかな湖面をたたえている。
去年の12月に南米のチリ・パタゴニアの森に来てから最初の問題は、電気、水のライフラインの確保だった。チリは銅の輸出が好調でバブルに浮かれていた。が、それは首都のサンチアゴの話、僕たちの住むエンセナーダ村(プエルトバラスから50キロ)の森には、昔ながらの生活が息づいていた。
電気が止まることはしょっちゅう、大雨が降れば森の葉っぱが管につまり水もストップ、そんな時はローソクに火を灯し、雨水をため、用を足しに森の茂みに出かけた。
パタゴニアの冬は雨の季節。毎日水が出ない日が続き、自然と水が出るときに大鍋や小鍋に水をためる習慣がついた。
そして、昨日は、初の雷が我が家を襲撃した。今までどれだけ台風のような雨と風が吹いても、雷だけは無縁だった森がついに豹変した。パタゴニアらしい暴風が吹き荒れ、家がよろめき、大雨が降り、そして雷が半径1キロ以内へと入ってくる。
ビカビカッと光ってから、3秒以内にドカドカーンとなる。音速が約333m/秒だと考えても、もう間近に迫ってきた。
初めて見る雷の森に見とれ、そして雨はやがて静かになっていった。
今朝起きると、やっぱり電気が止まり、なんと昨日の豪雨で車の中に雨が漏っていた。
おいおい、と水をかき出し、暖房をかけて運転座席を乾かす。本当はドライヤーを当てられれば良いんだけれど、何よりも電気自体が止まってしまっているので、どうしようもない。
電気会社に連絡をすると、付近のすぐ近くのペトロウエ村に雷が落ちて、電線が切れたらしい。
復旧までしばらく時間がかかるとのことだった。
郵便の問題もあった。近くの町で私書箱を作り、日本から送ってもらっても、半分が到着し、半分は何故か届かない。
日本で当たり前だったことが、異国に住むことで、全て奇跡のように思える。水があって、電気があって、郵便が毎日確実に届く。これって、よく考えると凄いことのように感じてしまうのだ。
今も電気は無い。でも、それはそれで良いのかもしれない、とも思う。
無いなら、無いということを楽しめば良いのだから。こんな日は、森を散歩し、生命賛歌をしなさい、、、と言われているような気がしてならない。
                                 ノムラテツヤ拝

我が家(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキング」ボタンをクリックお願い致します!
人気ブログランキングへ

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

パタゴニア | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<サンセットクルーズ | ホーム | 根源の世界>>

コメント

はじめまして・・
山元加津子先生のHPより、遊びに来ました。
山元先生の撮られる写真や先生が大好きなんです

野村さんの写真に・・ビックリして感動しまくっています・・これからもちょくちょく・・感動を分けてくださいね。素敵ですねぇ・・
また、遊びに来ます。

2009-02-06 Fri 12:15 | URL | のら [ 編集 ]
有難うございます。僕も加津子姫が大好きです。遊びに来て下さって、本当に有難うございます。感謝しています。
2009-02-06 Fri 21:13 | URL | Tetsuya nomura [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |