fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

宮鍵

宮鍵

富士から名古屋へ。
パタゴニアの大型写真集作成のため、名古屋の出版社で打ち合わせ。
社長と話していると、「よし、お昼に行くか」と誘われた。
出かけた先は、老舗中の老舗「宮鍵」。
あの池波正太郎さんが愛し、著書の中で「何度足を運んだか知れない」と書いている。
重厚な門構え、明治32年創業というから、もう110年の歴史を誇る。
頼んだのはうな丼、ひつまぶしと、特製の親子丼。
まず出てきたのが親子丼。宮鍵の奥様いわく、「うちのはひき肉が入ってて変わってるんですよ」とのこと。食べると、ホワンホワンの卵に、ひき肉が甘味を出す。何とも上品で気品ある味だ。
親子丼

次はひつまぶし。
これは食べて、飛んだ。普通ひつまぶしは3通りの食べ方で楽しむ。うな丼にして、うな丼と薬味を混ぜて、そして最後はお茶漬けにして。そのどれもが、絶品だった。
今までひつまぶしを色々な場所で食べてきたが、間違いなくトップ3に入るであろう味に、歴史と手間をかける美を感じた。
宮鍵ひつまぶし

そしてうな丼。これは、タレが甘かったので少し残念だった。
池波正太郎さんが愛したのは名古屋コーチンの鳥すきと親子丼、ひつまぶしだったという。
本物の食道楽が、ここに足しげく通う姿を、目を瞑って想像した。
                              ノムラテツヤ拝
宮鍵うな丼
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<最強中華店 | ホーム | 恐るべき山梨県>>

コメント

この間の物体は蛾だったんですね。あんなにアップでみたことなかったです。
いつもおいしいそうなものが出てきますね。桃も鰻も旬でいいですね!桃シャーベット贅沢~!!
いつ行けるかわかりませんが、美味しい店はメモメモ。。。
2009-07-17 Fri 09:01 | URL | yoshimi [ 編集 ]
山梨は確かにフルーツ王国ですね。豊かな県だと思います。  野村哲也拝
2009-07-19 Sun 17:55 | URL | Tetsuya nomura [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |