fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

富士の光

富士の光(c)

名古屋、大阪、東京と仕事で回り、ようやく富士へ帰ってきたと思ったら、今日は箱根に向かう日だ。
富士から御殿場を通過し、箱根の仙石原へ向かう。
ここに、憧れの温泉があった。
白濁温泉フェチの僕は、日本中の白濁温泉へ好んで行くようにしている。
あの硫黄臭、そして何とも風雅な色に、うっとりしてしまう。
箱根は一般的に透明な泉質が多いけれど、仙石原と強羅は白い温泉がある。
御殿場から、箱根の山を登ってゆくと、富士が雲の中から姿を現し、切れ間から陽光が。
まるで富士山から後光が射し込んでいるようだ。
富士の光2(c)

写真を撮らせてもらいながら、思わず手を合わせてしまう。
光はどんどん強くなり、眼下の雲を照らす。まさにレンブラント光線が富士のバックから2本放射されている。
富士の光3(c)

やはり、日本最高峰の富士山。あっという間に峠には人だかりができ、みんな写真を撮り始めた。
ひとだかり

ハイアマチュアから、行きがかりのおばさんまで。機材も4×5の大型から携帯のカメラまで百花繚乱だ。
カメラマン

アジサイが色濃く咲き乱れ、緑が雨に濡れて、目に眩しい。
富士山のショーは、たったの5分ほどだったけれど、神々しい姿は、皆の目をくぎ付けにした。
仙石原では、最近出来たアズーレムーン(青い月の意)というインド料理屋さんへ。
スパイシーチキンカレーとナンを頼むと、これまた昨日のタイ料理と同じく媚びない味だった。
インドカレー

辛い、とてつもなく辛い。でもしっかり作りこんであるから、後味がふっくらしている。ナンも本場そのもの。薄くデカイ。やっぱり従業員は全部インド人。ツイテル、ツイテルと、辛さに涙しながら食べた。
想像通り、翌日は、もう酷いことに。お尻から何度もファイヤーした。
ナンと共に

仙石原のお湯は素晴らしかった。
湯は見事に白濁し、上品な硫黄臭、そして泥湯のような肌触りだった。
白濁の湯

箱根も富士と同じく、東京の人たちが別荘を作る場所。
富士よりもちょっとお洒落な、素敵なところでした。
                               ノムラテツヤ拝
白濁湯2
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<浅間大社 | ホーム | タイ料理>>

コメント

富士山って凄いですね・・・

写真からもそれが伝わってきます。

実際に見に行ったら、感動するのでしょうね^^;
2009-07-22 Wed 14:02 | URL | マネパっち。 [ 編集 ]
富士山はそれだけで芸術ですね。やっぱり自然は、サムシンググレートは偉大ですね。  野村哲也拝
2009-07-23 Thu 21:29 | URL | Tetsuya nomura [ 編集 ]
HOMEという映画がありましたが、野村さんの写真はそれに通じるものがありますね。
地球を俯瞰しているというか。

とても素敵です。

今後とも色々アップしてください!
2009-08-27 Thu 03:22 | URL | マスクたん [ 編集 ]
マスクたん様へ  HOMEという映画、今度見てみますね。今日から南アフリカへ向かいます。2週間ほどですが、世界最強のお花畑の撮影に行ってきます。心を揺り動かすような写真を撮らせてもらえることを祈っています。  野村哲也拝
2009-08-27 Thu 06:05 | URL | Tetsuya nomura [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |