FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

訪問者

ギィギィギィ、ギィギィギィ。
なんだ、夢か?
朝、聞きなれない物音に目が覚めた。
ぼんやりした頭でもう一度音を聞くと、それは玄関の扉を誰かがひっかく音のよう。
気にせず寝ようとすると、カンカラカーンと何かが転がる音。
慌てて飛び起き、玄関の戸を開けようとすると、右手の台所の窓に物影が。視線が合うこと3秒くらいだっただろうか?
大きなマゼランウッドペッカーが、台所の窓につかまってドラミングを始めた。
「わわわ、割れる」
家の中にいる僕の姿が見えたのか、次の瞬間キツツキは大きな翼を広げて、近くに木へ飛び立った。
玄関のドアを開けると、朝の斜光が森をすっぽりと包みこんでいた。
クァァ、クァァ。
木の上から僕を見下ろし、キツツキがなく。
そして首の関節を心配をしてしまうような、高速のつつき。ドラミングとはよく言ったもの。
ほんとドラマーが高速でバチを打っているように聞こえるのだから。
外から台所の窓を見て納得。
周りの森がガラスに映り込んで、まるで木がここにあるかのように見える。
この幻の木を、目の前のキツツキは狙っていたのだ。
キツツキは、ドラミングをすることで幹に穴をあけ、中にいる小さな虫を食べている。
しばらくすると、今度は背の高い木へ移動し、クァァ、クァァとなく。すると、別の茂みから、クアァ、クアァと応答が。多分メスがオスの呼びかけに応えたのだろう。
マゼランウッドペッカーは、雄の極めて派手。顔の部分が赤い。赤というより深紅、ワインレッドといった方が良いかもしれない。対してメスは真っ黒。
自然界は人間以外、殆ど雄の方が派手に作られ、鳥類はその傾向が顕著に見られる。
我が家の森には、いろいろな動物が生息する。馬、牛などの家畜はもちろん、野生動物だとキツネ、鹿、ウサギ、ネズミ、キツツキを始め数十種類の鳥、そして夜になればフクロウの姿が見られることも。
外のデッキに出て、耳を澄ませば、ミツバチの羽音が重低音で響いてくる。
花の蜜を吸い、せっせと蜂蜜を作っているのだろう。
そう言えば、昨日作ったパンケーキの上に、今年出来たばかりの蜂蜜を塗って食べたっけ。
自然の恵みに感謝しながら、旬のものを頂く幸せを、切に感じる今日この頃です。
                                    ノムラテツヤ拝

ジャイアントウッドペッカー(

マゼランウッドペッカー(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキング」ボタンをクリックお願い致します!
人気ブログランキングへ

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<手巻納豆 | ホーム | 約束>>

コメント

kakkoちゃんのブログで哲也さんのことを知りました。自然と共存しこんな素敵な生活を楽しんでみえることに尊敬です。
自然をもっと感じたいと思う反面、物が溢れた生活からはなかなか抜け出せない自分がいます。
これからも、素敵な写真を楽しませてもらいますね!出会いに感謝です。
2009-02-08 Sun 00:25 | URL | yoshimi [ 編集 ]
どうも有難うございます。どんな場所でも自然は僕たちの事を見守ってくれています。その事をチリの森の中で日々実感しています。こちらこそ出逢いを有難うございます。感謝しています。
2009-02-08 Sun 03:18 | URL | Tetsuya nomura [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |