写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

宝石鳥

DSC_0515_20150813043126266.jpg

アマゾンの町タラポトから一路西へ。
バリ島のライステラスのような田園風景を抜け、向かうはペルー最後の秘境チャチャポーヤスだ。
ペルーの北から南まで津々浦々旅したが、このチャチャポーヤスほど行きにくく、秘境感がある場所はない。
途中、ランの群生地があるというので寄ってみると、花の密に吸い寄せられるように、ハチドリが姿を見せた。
新大陸しか生息しないハチドリ。ナスカの地上絵などにも描かれるので、そこで見た人も多いと思うが、世界で唯一空中でホバリングできる鳥だ。
DSC_0532_2015081304312654e.jpg

まるで弓矢のような速さで、上空を切るように飛んでいく。
カメラに写るハチドリを見ていると、色々な種類がいることに気付く。
DSC_0562_20150813043125273.jpg

黒っぽいもの、黄緑っぽいもの、頭が瑠璃色なもの、瑠璃からエメラルドグリーンに光輝くもの、緑一色のもの、その輝きはまるで
DSC_0637_20150813043125d06.jpg

生きる宝石のようだ。
DSC_0643_20150813043124f4d.jpg

くちばしも太さと長さがおのおの違う。
その地、その地で進化を遂げ、今まで生命を繋いできた形。その美に僕は強く打たれた。
                   ノムラテツヤ拝
DSC_0679-2.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハチドリのリズム | ホーム | アマゾンのまち>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |