写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

フージオ

R0016889.jpg

人生において、あそこがターニングポイントだと思う瞬間がある。
それは僕にとって、イグアスの滝の夜だったのだろう。
自分は22歳から友人、知人たちと一緒に世界中を巡るツアーを催行しているが、あの時は南米チリのイースター島とブラジルのイグアスの滝を組み合わせだった。
夜、満月が作り出す虹を見ようと出かけたが、殆どの人が一目見ただけで綺麗だねと帰ってしまった。でも一人だけ僕の横に残ってくれた人、それがフージオだった。漢字で書くと不二夫、まるで富士山(語源は不二山)を彷彿とさせる。
「てっちゃん、綺麗だねぇ~、∞の∞の感謝だよ」とはしゃぎながらシャッターを押す。
「あっ、撮れたぁ~」
まるで少年のように悦びを爆発させるフージオが、僕は好きだった。
DSC_0111_20151020181733fb7.jpg

「てっちゃん、生きるって美しいよな、楽しいよな。僕は今というこの瞬間が大好きなんだよ。てっちゃん、自分の好きなことを大切にしながら、お互い思いっきり人生を生き切ろう」
満月に照らされたフージオは、プラチナ色にキラキラと輝いていた。
フージオが、一昨日、肺気胸で他界された。享年65歳。
アタカマ砂漠で撮影中の僕は、突然の訃報に呆然とした。
昨日は何を撮影していても、涙がぽろぽろと溢れてかすんでしまう。
でもそんなときは、あの誰もが幸福になってしまうフージオの笑顔を思い出すように。するとその穏やかさで、また涙が溢れてしまう。
人生にとって大切な指針を与えてくれたフージオ。
ある花を撮影しているとき。涙にぼやけた花に太陽の光が入り込んだ。
それは七色のプリズムで、花々の命が光に包み込まれたような写真。
涙を拭いて、もう一度同じ角度から、同じ画角で撮影してみる。
「太陽を掴まえる」
これはすべての自然写真家の願い。この数年、どうやったらそれらが自由自在に出来るのかを、自分なりに試行錯誤していた。
まさか、、、もう一度やってみる。
カメラの液晶には、七色の花のいのちが写り込む。
「∞の∞の感謝だよ」
天から言葉が雨のように降ってくる。いくつもいくつも。僕はカメラを地面に置いて、号泣した。
その瞬間、僕の中でフージオがこの世を離れたことを体感した。
「さりげなく、でも命をかけて見守る力」
誰か困っている人がいれば全力で助け、講演会があれば、必ず最後尾のドアに近い方に座る。
「どうして?」と聞く僕に、「みんなを見ていたいんだよね」と。
そんな風のような人だった。
僕はフージオから貰ったものを、ちゃんと生かしているだろうか?
生き切っているのだろうか?
フージオ、今もこの文章を書きながら、僕はグショグショに泣いています。
でも、今日から下を向くのではなく、天を見上げながら進みます。
だって、僕がいつまでもいじけてたら、フージオは悲しむものね。
アタカマにいることもあって、お通夜にもお葬式にも伺えません。
でもフージオのお墓は、大空や大海が似合うような気がします。
今日も、太平洋と大空に手を合わせます。
フージオ、僕たちはいつも七色の光で抱かれているんだよね。虹の環の中心にいるんだよね。あの満月の虹は、魂が震えるほど美しかった。
DSC_0228_20151020181734797.jpg

そしてそこに一緒にいられたことを、とても感謝しています。
太陽光の掴まえ方まで、教えてもらい、ありがとう。
丁寧に、丁寧に、毎日を積み重ねて邁進します。
それが、まさにフージオの生き方だったから。
                   ノムラテツヤ拝
R0016738.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<太陽の掴み方 | ホーム | 夢の跡>>

コメント

フージオさん、素敵な方だったのですね。
きっと天国から野村さんの写真を撮る姿を見守っていてくれる事でしょう。
ご冥福をお祈りします。
2015-10-23 Fri 01:19 | URL | ライラック [ 編集 ]
ライラックさんへ
どうも有難うございます。
たまらなく、好きな方でした。
        のむらてつや拝
2015-10-23 Fri 04:23 | URL |  野村哲也 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |