fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

満月の力

オソルノ山夕照(c)

シーンと静まり返った夜。
オリオン座は北を照らし、南十字星は天上から南を照らす。
空を覆う満天の星々。
星ひとつひとつにも色があり、赤、黄、青、橙色に明滅を繰り返している。
山の端から満月が昇ってきた。
まんまるの、ほんと、どこから見ても、球体の満ちた月。
森は少しずつシルエットになり、オソルノ山は月光に照らされて、ぼんやりと浮かぶ。
この満月は、ほんの少し前は、日本を照らしていた。
そう想うと何だか感謝の気持ちが沸きあがってくる。
日本に朝日が昇ると同時に、僕たちの住むチリへ満月のバトンが渡される。
まわる地球、そして全てを包み込むように、地球の半分を常に照らす月。
太陽とお月さまがちょうど半々に輝く日、それが満月の日なのだ。
満月光(c)

南半球には、南十字星よりも、もっと大きく立派な偽十字星がある。それらはちょうど南十字星に寄り添うようにある。でも、なぜ立派な方が南十字星にならずに、全天88星座の中で最も小さい星座が「南十字星」と命名されたのか?
それは、きっと大昔から、この星が指針となることを人々は知っていたから。
大航海時代、艦長はこの星を頼りに幾度となく正しい方角を教えてもらったのだろう。
僕たち北半球で生まれ育ったものには、やはり北極星・ポラリスが指針となる。
北極星の位置が真北となり、見える角度が観測点の緯度と重なる。
対して南半球には、真南に存在する目立った星はない。
天の南極と呼ばれる場所には闇しかないのだ。
そこでこの天の南極を見つけるために、使われたのが南十字星だった。
まず南十字星は、ベクルックス、アクルックス、ガクルックス、デクルックスの4つの星で構成される。
十字架に見立てると、左がベクルックス、右がデクルックス、上がカクルックス、下がアクルックスとなり、十字の横線よりも縦線の方が長くなる。つまり縦線はカクルックスとアクルックスとなる。その2星の間隔をアクルックスに向けて約4.5倍すると、そこが真南の天の南極となるのだ。
宮沢賢治の銀河鉄道の夜に出てくる有名な石炭袋・コールサック星雲はベクルックスとアクルックスの間に見える。
ただ、これはここ数千年の話。
あと1万年もすれば、北極星は少しずれ、天の北極は、闇にとって代わられるという。
反対に南半球には、指針となる星が、天の南極に定まるのかもしれない。
星はいつも大切なことを教えてくれる。
同じ星空は、一度としてないこと。
そして地球は、宇宙は凄いスピードで廻り、留まることなく巡ってゆくことを。
今、この一瞬に、今日の満月を見られる幸せを想う。
ありがとう。
今日、ここにいさせてもらえて。
目を細めると、満月の光が線となって自分の体へ飛び込んでくる。
月が、生命あるものを照らし、その一つずつに、大切な何かパワーのようなものを残してゆく。
それは細やかな、上質な、深遠な力。
満月が、少しずつ角度を上げてゆく。
星は見えにくくなってくるが、こんなときは満月の光を感じながら瞼を閉じてみよう。
瞼の向こうには、きっと無限の銀河が広がっているから。
                             ノムラテツヤ拝

夜中の競演(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキング」ボタンをクリックお願い致します!
人気ブログランキングへ

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<未確認飛行物体 | ホーム | 真夏の一日>>

コメント

てっちゃんこんにちは。
いつも写真でいやされております(アフロナス含む)。
ワタシのまわりの人にも見てもらいたいので
ブログで紹介させていただきました。
(すっごい読者少ないんだけどね)
紹介は困る!とかあればお知らせください。
2009-02-10 Tue 16:34 | URL | kaori@spk [ 編集 ]
有難うございます。かおりさんの周りの方に伝えて頂ければ、嬉しいです。どうぞ宜しくお願いします。感謝、感謝。  
2009-02-10 Tue 21:56 | URL | Tetsuya nomura [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |