写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

日本の時間

DSC01695_20151215111605b90.jpg

まだ明かせないが、現在、あるカメラメーカーから広告塔の依頼を受けたため、世界最高峰のカメラと高性能のレンズを借りている。
世界は限りなく広く深い。そして身近な日本も同様に深く広い。
だからこそ、そのバランスが、とても大切になる。
外国だけでも、日本だけでも、醸し出す威力は半減してしまうと思うから。
特に予定も立てず、カメラだけぶらさげて撮影する。
目の前の光景に心動かされたものを、丁寧に掬い取る。
それはなんて幸せな時間なのだろう。
あまりに細やかなその有限の時間を、思わず抱きしめたくなる。
境内を歩く粋な女性に見惚れ、脇を飾る紫陽花の枯れた葉っぱ。
DSC01850.jpg

軒先にひょうたんとツルウメモドキが上品に飾られたかと思いきや、落ち葉の絨毯をカサカサと歩くと、その先には氷の世界が待っていた。
DSC01865.jpg

身の回りに感謝の念を置き、それを重ね合わせることで、育くまれていく世界。
DSC01959.jpg

目の前に起きる現象を、今まで以上に大切にしていきたい。
シャッターが下りると、一枚の写真が浮かびあがるように、自分の記憶に美しい時間を留めていきたいと思う。
                 ノムラテツヤ拝
DSC02059.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のジリスボタンの上でクリックしてみて下さい。話しかけます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オアフ | ホーム | 誕生日>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |