写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

森の時計

DSC00144.jpg

「森の時計はゆっくり時を刻む」
倉本聰さん原案、脚本の伝説のドラマ「優しい時間」が放映されたのは、もう10年前のことだ。
寺尾聰主演で、二宮和也、長澤まさみ、大竹しのぶも出演していたっけ。
エリート商社マンだった寺尾聰が、妻の死を機に退職。富良野に移住して、喫茶店「森の時計」を開く。そこに集う物語なのだけれど、何か劇的なことが起こるわけではなく、淡々とその交流が描かれていくのだけれど、毎度、涙がこみあげてくる印象に残る名作品だった。
その舞台となった喫茶店が、新富良野プリンスホテル近くにある。
9年前に訪れた時は、さすがに観光客だらけで長蛇の列。入るのを断念したが、今回は真冬。静かで、優しい時間が待っていてくれた。
カウンターに座らせてもらうと、名物のコーヒーミルが10個ほど並んでいる。
DSC00157_2015122916240191b.jpg

番組内でもそうだったように、ここはコーヒー豆を自分で挽いて飲ませてもらうのだ。ミルを時計回りにまわすと、車輪が軋むような、ギィーギィーという音が店内に響き渡る。やがてその音がジャージャーと滑らかになると、突然ふっと回す手が軽くなる。こうなると挽き終わり。
それらを店員の女性が、丁寧にゆっくり、ゆっくりと淹れてくれる。
DSC00166_20151229162401020.jpg

ひと手間、ふた手間、そんな上質な時間が流れていく。
「どうぞ」
出された珈琲の表面には、純白の冬の森が。
まるで、優しい時間がそこに浮かんでいるようだった。
                ノムラテツヤ拝
DSC00177_20151229162400182.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<美瑛の木々 | ホーム | ヤマゲラ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |