写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

やすみっちゃん

DSC01546_20160218171534c96.jpg

天才気功師でありながら、天下一品のアホ。
やすみっちゃん。
ここ数日、やすみっちゃんとやり取りしていて、相変わらずのアホぶりに度肝を抜かれた。
引き受け気功創始者であり、年間講演300日以上、回数にすると1000回以上を7年間続けてきた強者。
「あんたアホや、あ~はっはっは~」と甲高い声が電話口から飛んでくる。
やすみっちゃんは有言実行の人だ。
あるとき鏡を見て、頭が薄くなっていることに気付いた。
「よし、まずは髪の毛を増やそう。てっちゃん、一年後には真っ黒くろぐろ、ふさふさになってるからね」
約束の一年後、ふっさふさまではいってないが、かなりの増毛度。植毛ではなく、地毛でここまで増やせるって。
「秘密は?」
「実はハゲに効くツボがあってね。頸椎の2番目と~」と話は止まらない。
やすみっちゃんは、いつ逢っても顔と体がピカピカ輝いている。その理由はやはり、エネルギーの強力な循環にあるような気がする。
DSC01536_20160218171533848.jpg

相手が嫌だなぁ、怖いなぁ~と想ったものを、やすみっちゃんが全て引き受ける。
恐怖、老い、病気などをやすみっちゃんは引き受け、それらを光にしてこの世へ戻すのだ。
相手が幸せになるエネルギーの循環、それを続けたものにだけ、この輝くような光が授けられるのかもしれない。
「やすみっちゃんの夢は?」
「世界一のジジドルになること」
「ジジドル?」
「うん、てっちゃん。アイドルっているでしょ。熱狂的なファンのいる。あれのジジイ版。
熱狂的なファンのいる世界一格好良いジジドルになる。みんなが憧れるやすみっちゃん」
あまりの弾けっぷりに、突っ込むのが少し遅れたほど。
そして一昨日。
「てっちゃん、やっぱりやすみっちゃんは日本だけでなく、世界に進出しないといけないと思うんだ」
「それで?」
「来月から英語を覚えようと思って、もう鹿児島の学校の予約をしたよ。3月は6日間連続で合宿の勉強だよ」
「アホやん」と言いながらも、僕は自問自答した。
やすみっちゃんは、65歳。
その年から何かを始めようとすることって、簡単なことなのだろうか?
「やっぱり英語くらい話せないと、外国に行けないからね」
「おいおい、あんたは2年前に南アフリカに姫ツアー(やまもっちゃん)で来たでしょ」
「やすみっちゃんは若いから、いつでもどこでも、始められる」
これには、黙って頷くしかなかった。
新しい世界への挑戦は、不安だけれど、やっぱりドキドキするもの。
僕もやすみっちゃんを見習って、幾つになっても新しいことに挑戦できる自分でいたいな。
愛すべき人、やすみっちゃん。
今日も皆の幸せのために、不幸を引き受け、世界に光の種を蒔いている。
                 ノムラテツヤ拝
DSCF1910_20160218171534d88.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いちごいちえ | ホーム | 見えないご縁>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |