写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

太古の時間

DSC00189_201602272013008d4.jpg

太陽は静かに落ち、夕闇を連れてくる。
イグアスの滝上に、たなびく雲。
何故か胸騒ぎがして、僕は部屋にカメラを取りに帰った。
経験上、そんな時は、何かが起きる。
カメラ片手に外へ出た時には、ほんのりと桜色に染まっていた雲も、徐々に色づきやがて、深紅に染まっていく。
太古から続く壮大な時間を、僕の全身に浸み渡らせる。
やがて瀧と自分と時間の境が混じり、溶けあい、一枚の写真が生まれた。
大自然がシャッターを押してくれる。
それは、いくら僕が頑張っても辿りつけない崇高な世界。
僕はただ導管になって、風景を留めさせてもらうだけ。
写真は撮るものではなく、撮らせて頂くものなのだから。
              ノムラテツヤ拝
DSC00195_201602272013009e0.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ブラジル | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<月の虹 | ホーム | まあるい虹>>

コメント

わたしが 見たことのない宙の色ばかり…
きれいだなぁ…
野村さんは 幸せですね!
いつか イグアスの滝に 身をゆだねてみたいです
2016-02-27 Sat 22:08 | URL | ひろこ [ 編集 ]
ぜひ、いらして下さいね。
2016-03-08 Tue 08:27 | URL |  野村哲也 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |