写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

月の虹

DSC00302.jpg

空を見上げると、厚い雲に覆われていた。
昼よりも夜の方が匂いに敏感になるのは何故だろう?
森の甘い香りが体を包み、鳥の囀りがこだまする。
時折、雲の隙間からおぼろ月が姿を現したり、消えたり。
轟音が近づいてくると、もうイグアスは目と鼻の先だ。
プラチナ色に瀧は浮かび、その圧倒的な水量に気圧される。
写真を撮り始めて、20分ほど経っただろうか?
突然、目の前にムーンレインボーが出現した。
白くぼんやりした大きなアーチ。
目を凝らすと、七色がうっすらと確認できる。
ここからは見えないが、きっと雲の切れ間に満月が入ったのだ。
自然界は、摩訶不思議なものが沢山ある。
その中でも、月が作り出す虹「ムーンレインボー」は筆頭だ。
「∞の∞の感謝だよ」
フージオの声が、空から雨のように降り注いだ。
そう、5年前の夜も、こんな見事な月の虹が出たっけ。
フージオと二人で語り合いながら、まるでその声を聴くかのよ
うに虹が色濃くなっていった。
フージオ、有難う。
知ってるよ、そこにいるって。
               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ブラジル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<悪魔の喉笛 | ホーム | 太古の時間>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |