写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ナミブ砂海

DSC05844.jpg

何度体験しても、ドキドキする。
胸が張り裂けそうになる。
通算13作目になる最新刊「ナミブ砂海(福音館書店)」が20冊ほど届いた。
発売日は来週末の4月2日(土)。
段ボールをゆっくりと開き、包装紙を取ると、インクの香りが立ち上った。
印刷で出すのが難しかった表紙の色合いを見て、ホッと一息。
手に取って、中を1ページずつ見ていく。
なんとか大丈夫。
一年間かけて、どこに写真をレイアウトするか、どこに文字を入れるかを丁寧に編んできた。
子供たちが読んでくれる大切な本。
どの言葉が日本語として一番相応しいのか、子供たちに分かりやすいかを毎日毎日考えてきた。
それが一つの作品となって、ようやく世に出ていく。
でも、どれだけ色合いが良くても、自分自身が納得していても、ここからが本番。
読者にしっかりと想いが伝わるかな?
興味を持って読み進めてくれるかな?
一緒に親も楽しんでくれるかな?
考えれば考えるほど、不安に押しつぶされそうになるけれど、それよりも少しだけ伝えたいという想いが勝る。
だからこそ苦しみながらも作品を作ろうという気持ちが湧き上がってくるのだと思う。
「ナミブ砂海 世界でいちばん美しい砂漠(たくさんのふしぎ 福音館書店)」をぜひ手に取って、読んでみて下さい。
目の前に知らない世界が広がることを祈っています。
サイン入りを希望される方は、fieldvill@gmail.comの方に連絡して頂ければ、こちらから発送させて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。
たくさんの人たちに、この本が届きますように。
               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旅の始まり | ホーム | 水の惑星>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |