写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

藤沢美食

DSC06027.jpg

伝説のうどん屋があった。
その名は「益美や」。
山梨県河口湖町の路地裏にひっそりとあった。
顎が疲れるほどのうどんの硬さ。
阪根ひろちゃんの言葉を借りれば、「ミシュランのゴムを食べているみたい」。
数々の友人知人を連れて行ったが、名物の冷しうどんに、みんな衝撃を受けていた。
数年前、主人が腱鞘炎のため、惜しまれながらの閉店。
それからというもの、心から感動したうどん屋さんは残念ながら無かった。
でも、ついに数日前、藤沢のある店で、あれ以来の衝撃を受けることになる。
住宅街にぽつんとあり、店内は木の香りがした。
主人は若く坊主頭、瞳は好奇心でランランし、いかにも研究肌な感じだ。
厚焼き玉子と、山かけの冷しうどんを注文。
玉子焼きは関東らしくほんのり甘い。
やまかけが、目の前に。
うどんの角がぴんっと立ち上がり、食欲をそそった。
箸で持った瞬間、その太さと重さに泣きそうになる。
あの益美やさんの感触に似ているのだ。
ひとくち、啜った。
あぁぁ、あの感動が・・・・・津波のように押し寄せる。
出汁も完璧。ここに納豆さえ入れば、パーフェクトなのに!
DSC06030.jpg

そして昨夜は、敬愛する編集長と「ナミブ砂海」の出版記念を兼ねた打ち上げ。
これまた藤沢周辺で最も美味しいお蕎麦屋さん。
付き出しはホタルイカと菜の花、それに胡麻豆腐の上に光り輝くウニ。
DSC06033.jpg

蕎麦寿司も完璧に仕上がり、蕎麦はもちろん気品ある絶品だった。
DSC06038.jpg

お酒を飲みながら、これからの時代、より大切になっていく企画力と文章力についてアドバイスをもらった。
有難いなって想う。上の人から何かを伝えてもらう。それはまさに光のバトン。そのバトンを貰ったものは、必ず自身に約束をする。これを、縁のある下の世代に手渡していくことを。
湘南藤沢には、日本屈指の美味しいうどん屋、お蕎麦屋さんがあります。
ぜひ、御縁のある方は遊びにいらして下さいね。
御馳走させて頂きます。
             ノムラテツヤ拝
DSC06041.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<さくらのうみ | ホーム | 沖縄料理>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |