写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

阿蘇のきもち

DSC04137_20160421225055702.jpg

熊本のEさんと頻繁に連絡を取り合っている。
大きな家に住むEさんは、近くの子供たちを受け入れ、現在簡易託児所のようになっている。
「熊本の子供たちにとって、地震は初体験だから、水の有難さ、普段の生活の有難さなど色々な体験が出来て良かった」とEさんは言い切る。
そして昨日、送られてきた写真は、子供たちが庭に水撒きしている一枚だった。
「お花たちが喉乾いているから」
水不足の熊本、そんな生活の中での行動に、Eさんは内心ハラハラして見つめたことだろう。
でも、その気持ちが天へ通じたのか、今日、熊本市内の水道が出るようになった。
「これだな」と想う。
子供たちは、いつも自然に寄り添っている。だからこそ、どんな時も幸せを享受できるのだろう。
今、僕たちに出来ることは、自分に見合った支援をして、心から祈ること。
DSC04139_20160421225055792.jpg

でも、どれだけの人が、熊本の人ではなく、大地に感謝しているのだろう。
自然はいつも微妙なバランスを取りながら。守ってくれている。
例えば阿蘇山。
ここまで地震が阿蘇の周りで起これば、近くが活発化して噴火もありえる。
でも、阿蘇の火山振動を見ていると、ガス抜きをしながらも、こらえているのがよく分かる。
日本の中心に富士山が聳えるように、九州の中心に阿蘇山が聳える。
だからこそ、九州を守ってもらうために、阿蘇山に沢山の感謝の念を送りたい。
DSC04311.jpg

怖がるのではなく、ありがとうと感謝の気持ちを捧げたい。
大地を労わる子供たちの気持ち、その行為を阿蘇山は必ず見ているはず。
だって足元の地面の先は、阿蘇へ繋がっているのだから。
                  ノムラテツヤ拝
DSC04369-2.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<枝垂れ | ホーム | としさん>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |