写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

撮影終了

DSC06213.jpg

イースター島のアテンドが終わった。
島内のコーディネーター、通訳、ガイド、写真家として出演と4役をさせてもらった。
さすがに今回はテレビ番組ということで、僕の大好きな場所が撮影許可制限されてしまったため、原点回帰するしかなかった。
一般の方が普通に行く場所を、別の角度から出演者に見てもらうこと。でも基本としての情報は必ず入れ込みながら。
実を言うと、こんなに自信の無い仕事は久しぶりだった。ディレクターの考えに沿って、自分の出来うる事を最大限させてもらう。でも、現地ガイドも誰か分からないし、現地の友人からはエアータヒチヌイのチャーター便の時は、島内が日本人だらけになることをあらかじめ聞いていた。
自分が主催するガイドであれば、好きな場所に連れていけるし、何よりも自分に決定権があるので、臨機応変に動くことができる。でも今回は、ただでさえ時間のかかるテレビの撮影。
島に行く前に、様々なシュミレーションをしてみたけれど、どうしても大切なピースが欠けてしまって、全体像が把握できなかった。
こんな風に追い込まれていくと、僕に出来ることは、目の前に起こることを全て引き受け、そしてひとつ一つ最大限の費用対効果がもたらされるように動くこと。
主演のモデルさんが、少しでもモアイに興味を持ち、考古学に惹かれ、そして島を愛してくれるように動くこと。
結果は大成功。
ホッと胸を撫で下ろした。
番組なので、情報はまだ流せないけれど、素晴らしい朝焼けにも出逢え、現地ガイドも良い味を出し、そして何より主演のモデルさんが楽しんでくれた。
撮影時間としては、たったの2日。
それで、この撮影行程は無理でしょう、何処かが欠けるでしょう?と想ったけれど、ギリギリセーフ。今回もイースター島の神様に、沢山助けてもらった。
今はタヒチ。
僕は撮影に不要なので、4日間ほどフリー滞在。
107ヶ国目のタヒチを、心から楽しもうっと!
                      ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タヒチからラパヌイへ | ホーム | 番組ロケ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |