写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

奥宮

DSC07774_2016053120172887a.jpg

昔から信じている宗教がある。
仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、ジャイナ教・・・・・。
世界には様々な宗教があるけれど、僕は主に古神道を信じている。
分かりやすく言えば、アニミズムの世界観。巨石、巨木、山や海など自然の中の神が息づく思想だ。「八百万の神信仰」とも呼ばれる。
その根源は一体何処にあるのか?
2年前、その存在を教えてもらい、以降、僕の中で国内の行ってみたい場所ナンバー1となった。
博多講演の後、僕はレンタカーで一路、東へ向かった。
八百万の神信仰の故郷は八幡様。その総本山が大分の宇佐神宮だった。
DSC07943_20160531201727841.jpg

僕は何かに引かれるように、神宮から山々を巡り、そして9合目にある奥宮へ。
DSC08319_20160531201725fbb.jpg

拝殿に上がらせてもらうと、その先の石鳥居には有刺鉄線が張られていた。
DSC08307_20160531201727d0b.jpg

禁足地であり、これ以上は入ることが許されないという。
頂き付近には、3つの磐座があり、そこに女神が降り立ったことから、八百万の神信仰が始まったという。
石鳥居から離れ、僕は体の引かれるまま、左側に続く獣道を降りた。
そこには古い鳥居と、水場を祀る祠が。
背後の太陽を入れて、しばらく撮影していると、画面にピンク色の光が写り込む。
まるで赤いオーロラのように時に激しく、ときにたおやかに揺らめく。
「あれは何だったのだろう?」
ふと視線を鳥居の中へ写すと、そこには何かが立っているような気配が。そして画面よりも青紫がかった光が、肉眼でも見えたのだ。
鳥肌がぶわっと立ち、次の瞬間、嗚咽するように、涙が溢れ出てきた。
今まで感じたことのない、お湯のような涙が。
5分は泣いていただろうか?
もう一度、さっきと同じように鳥居へ視線を移すと、また光が現れる。
僕は静かにカメラのモードを写真から動画に切り替えた。
                  ノムラテツヤ拝
DSC08328_20160531201725d22.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国東半島 | ホーム | 地震の話>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |