写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

深き森へ

DSC00865_201606152008398d4.jpg

整備された山道を登っていくと、所々に赤い花が見え隠れする。
遅咲きのシャクナゲだ。
てのひらよりも大きな花が、ボンッ、ぼんっと深緑の森に花火のように咲く。
DSC00889_20160615200839d78.jpg

峠を越えたあたりでは、観光客用に馬が繋がれていた。
親はともかく、子馬も誰かを乗せるのかな?
DSC00779_20160615200838e5b.jpg

登り始めて1時間半、峠を越えると、目の前の絶壁にタクツァン寺院がへばり付くように建っていた。
DSC00020.jpg

どのようにして、こんなところへ。
誰もが思ってしまう疑問だが、やっぱり人間って凄い。
コツコツと積み上げて、こんなものを作り上げてしまうのだから。
普段、写真で良く見るカットの展望台に立つと、タクツァン寺院の奥に広がる、大地溝帯のような森に僕は息をのんだ。
DSC09996.jpg

グル・リンポチェが瞑想したというタクツァン寺院。
そこから、どんな風景が見えたのだろう?
それは、やっぱりこの道を歩いてきたからこそ、見えた風景だった。
世の中がどれだけバーチャルになろうと、関係ない。
僕は自分の五感で、世界の絶景に立つ。
そして、そこからの風景を全身で感じたいと思う。
                  ノムラテツヤ拝
DSC09971.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ブータン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ヤマケイカレンダー | ホーム | 虎の隠れ家>>

コメント

寺院が、絶壁にちょこんと乗っかっている雛鳥の巣のようで、少し愛おしく感じますね。
絶壁の引力から奥に続く森の広がりに、心震えました。
2016-06-25 Sat 13:34 | URL | ずま [ 編集 ]
僕もその森の広がりに惹かれました。
2016-06-25 Sat 17:12 | URL |  野村哲也 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |