写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

成田の名店

DSC00264.jpg

中部国際空港から成田国際空港へANAで飛ぶ。
さっきまで降っていた雨が止み、一気に青空が戻ってきた。
機体はまるで重力が無いかのようにフワリと浮き上がり、知多半島をぐるりと旋回してゆく。
DSC00288_20160625013514453.jpg

知多半島にも愛すべき友人、知人たちが沢山いる。
「みんな元気してますかー?」
上空から叫びたいような衝動に駆られた。
DSC00292_2016062501351401d.jpg

伊豆大島にパタゴニアのような雲が。かなり風が強いのだろう。
DSC00357_20160625013513fc6.jpg

成田に到着寸前、田んぼに光が当たり、美しき日本が浮かび上がった。何とも綺麗な季節ですこと。
DSC00393_20160625013513218.jpg

夜は大当たり。
入った瞬間、大将にギロッと睨まれ、
「この店は日本酒の専門店ですが、宜しかったでしょうか?」
と聞かれる。
「もちろん、日本酒を頂きに来ました」
話を聞くと、大将は日本一の蕎麦翁・高橋名人のお弟子さん。
その腕を持ってして、酒のアテを作らせれば、不味いわけがない。
DSC00415.jpg

出汁で丁寧に仕込まれた枝豆や、胡麻味噌なんかをチビリチビリやりながら、京都の玉川「アイスブレーカー」をロックで頂く。
DSC00417.jpg

DSC00419_20160625013536bea.jpg

そして、今度は同じものを熱燗で。
DSC00426.jpg

その味の差と、美味しさの多様性にノックダウン。そしてこんな風にアテンドされる大将に惚れそうになった。イカンイカン。
DSC00429_201606250135359ff.jpg

ラストの蕎麦が、またしても衝撃の一品。
田舎蕎麦を頼んだら、「うちのは太くて固いですが大丈夫ですか?」と聞かれるので、「もちろん!」と頷くと、10分後に
出されたザルに、僕は言葉を失った。
まるでウドンの極太の蕎麦。
それも角がピーンと立っている。
DSC00446_20160625013731ace.jpg

食べると、んもう、まるで蕎麦。そば粉のおやきを頂いているよう。
切れ味の良いソバツユで頂くのも美味だけれど、やっぱり岩塩をふりかけた方が蕎麦の甘味がより感じられた。
2016年上半期で、最も感動した店「T」。
奇跡の名店が成田にあった。
                ノムラテツヤ拝
DSC00449_201606250137309c7.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<恋する大地 | ホーム | 富山へ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |