写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

鯨の天国

DSC01497.jpg

アイスランドは火と水の国。
その相反する世界が、見事に同調し合う奇跡の島だ。
初夏になると、アフリカやカリブ海から海の巨人「鯨」が豊富なオキアミやイワシを求めてやって来る。
マッコウクジラ、トックリクジラ、ミンククジラ、シャチ、ザトウクジラ、そして世界最大のシロナガスクジラの6種が、アイスランド沿岸を旅するのだ。
雨が降り続く中、バイキング式のボートに帆を広げて海に出発。
最初に現れたのは、海のピエロと形容されるパフィン(ツノメドリ)だ。
そのバタバタした不格好な飛び方に、自然と目じりが下がる。
そして1時間後、僕たちは、鯨に囲まれることになる。
DSC01848_20160703162759e36.jpg

ザトウクジラの群れが、次々と現れ、潮を噴き上げる。そして潜る時に見せる大きなテイルアップ。
DSC01768.jpg

船の目の前で繰り広げられる命の輝きに畏怖の念を感じた。
DSC01939.jpg

雨が止み、雲が切れたかと思うと、途中から晴れ間が。
港へ戻る頃には快晴となり、背後の山にはルピナスの花園が広がった。
ひろちゃんが一言。
「まさに藤色の山、富士山だな」
                ノムラテツヤ拝
DSC02109_2016070316275807b.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アイスランド | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<人生を変える7日旅 | ホーム | 自然の恵み>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |