写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

北欧の夏

DSC08118.jpg

北欧の夏。
予想以上に美しく、何処へ出掛けるでもなく、光のシャワーが降り注ぐ。そして地面に光が降り積もって、人々まで輝かせる。
またいつか、この国には戻ってくるような、そんな気がする。
今日で北欧は最後。
批判を恐れずに独断と偏見で書けば、僕の北欧感想はこんな感じだ。
一般に北欧はデンマーク、ノルウェー、スウェーデンの3ヶ国を指すが、その周りのフィンランド、アイスランドも入れようと思う。
DSC00833_20160803211858fd1.jpg

デンマーク)
言わずとしれた北欧で最も洗練された王国。美男美女も沢山いて、みんな坊ちゃん、嬢ちゃん系が多い。醤油顔好きにはたま
らない場所。
フィンランド)
さすがスオミの国。純白系の女性が町を闊歩する一方、なぜか美男は少ない。男性も女性も、恥ずかしがり屋なところがあり、
たまにハニカム姿がたまらない。
ノルウェー)
恐ろしいほどの美女遭遇率。バイキング軍団がそこ、ここに。目が合うと、ニッコリ笑い、愛嬌たっぷり。旅をしていて、とても気持ちの良い場所。
スウェーデン)
北欧(スカンジナビア)の雄としてのプライド、気品を植え付けられてきたのか、少し斜めを向くようにツンとしている。少し太めの人が多く、全体的に笑顔や愛嬌は少ない。
アイスランド)
肌は北欧中で最も白く、妖精のような人が沢山いる。性格は実直、シャイで静かだが、こちらから話しかければ、寒気がするほどの美しい氷の微笑で応えてくれる。
バイキングの王国も、こうやって自分の足で踏み入れてみると、千差万別。そしていつも想うのは、現地民の性格や性質は、そ
の大地の自然と必ず似通うこと。だって、その大地の恵みを頂き、人間は生かされているのだから。
DSC00905_2016080321185724d.jpg

自分をてっとり早く変えたければ、簡単。
大地を変えること。今とは別の場所で異なった食べ物を体内に取り込み、違う性格の人々と交遊する。
それぞれ体内には、どんなものも映す水で7割満たされている。それらが目の前のものと映し合うことで、自然に確実に変わっていく。
DSC01037_20160803211857134.jpg

「若い時に旅をさせろ!」と昔から言うが、その意味は3つある。
一つ目は阪根ひろちゃんが言うように、自分が無知で白痴で、何も出来ないと知ること。
2つ目と3つ目は、最近より強く想うこと。
・自分がいつでも好きな時に変われるということ。
・自分の立つ場所は、ここだけじゃなく、世界中どこでも良いのだと知ること。
それらを体感するために、若い時に旅をする。または心が若い内に旅をすべきなのだろう。出来れば一人旅で。
オスロの街中から乗ったバスはトンネルを抜け、新緑の中を国際空港へ向かってひた走る。
DSC01042.jpg

「僕たちは、何時でも、何処でも、選択することが出来る」
陽が照ると光の粒が降り注ぎ、雪のように積もっていく。
              ノムラテツヤ拝
DSC01075.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

北欧 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バルト三国 | ホーム | ムンクの叫び>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |